新嘗祭の後は参加者全員でナオライを行いました。

ナオライを行いました

新嘗祭のあとは参加者全員で
ナオライを執り行いました。
ナオライは社務所で執り行われます。

始めに、宮司である山田宮司様、
氏子委員長である神谷委員長さんより
ご挨拶がありました。

山田宮司様からは新嘗祭の言われや
来年に、天皇陛下が退位そして即位される
ことにより、平成から御代替り(みよがわり)
新しい御代へかわられる事により
即位される天皇陛下が一番最初に
行われる「新嘗祭」が「大嘗祭(だいじょうさい)」と
言われる天皇の一代で一度きりの重要な儀式を
宮中で執り行われるとご紹介がありました。

この大嘗祭にはそのための大嘗宮が建てられ
執り行われるそうです。
五穀豊穣や生産物がキチンと作られ、
国民が飢えたりせずに幸せに生活できるように
神に感謝し祈られるのだと思います。

参加者を代表してのご挨拶です

吉岡市長・杉浦県議・鈴木市議会議長さんが
ご挨拶をされました。
お三方とも、高浜市での農作物をはじめとした
生産物が豊作であり市民の皆さんの生活が
安定される事が大切であるとお話しされました。

ナオライのお食事です

改めて、山田宮司様のご発声で
ナオライの乾杯です。一拍して「いただきます」と
発声してお神酒を頂きました。

料理は仕出し弁当とボランティアで
女性部の皆さんが温かくて美味しいトン汁を
作ってくださいました。

神殿での儀式で冷えた身体を
温かいトン汁が温めてくれました。
女性部の皆さんに心から感謝申し上げます。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。