高浜の防災を考える市民の会が製作した「防災かるた」を南中学校に寄贈させていただきました。

防災かるたを寄贈させていただきました

高浜市で防災について活動している
市民団体の「高浜の防災を考える市民の会」が
・子ども防災リーダー養成講座
・中学生 防災・減災アカデミー
に参加した児童・生徒と東日本大震災後に
防災について勉強する中で小さい頃から
簡単に覚えれるようにと
言葉をつくり、かるたのイラストは高浜高等学校
イラスト部の生徒さんが作りあげました。

その防災かるたを高浜市立南中学校の
クラス数分今回4社の企業さんと一緒に
寄贈させていただきました。

全校集会で寄贈式を行いました

南中学校は自分の母校でもありますので
非常に親しみのある中学校です。
毎年、同窓会の入会式にも参加していますし、
今年は地元、二池町町内会会長として学校には
顔をだしていますので、改めて寄贈式で
全校生徒の前に出るのは少し恥ずかしいです。

上の写真のように、かるたを大きく引き伸ばした
ものを生徒会役員の生徒が持ち、
他の役員の生徒に一つづ寄贈させていただきました。

防災かるたをご紹介します・・・

写真のように「あぶないよ ブロックべいに まどガラス」
や「津波から 命を守ろう てんでんこ」など
言葉遊び・かるた取りで覚えてイザに備える
事を学んでもらえるようになっています。

今回の南中学校への寄贈で
市内の全保育園・幼稚園・小学校・
中学校に行き渡りました。

神清は南部幼稚園と南中学校の二ヶ所に
寄贈させていただきました。

少しでも園児や生徒がケガを
しないようになればと思います。

皆さんもイザに備えてくださいね。

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。