こども110番のぼり旗交換作業を行いました 地域の安全・安心の為の啓蒙活動です

毎年二回ののぼり旗交換作業

高浜市内にはいたるところに
「こども110番」ののぼり旗が
立っています。

こののぼり旗は15年程前に市内で一番最初に
港小学区で我々おやじの会が設置しました。

地域の子ども達や児童・生徒が
イザの時に逃げ込める目印として
通学路を中心にお店や普段家人が在宅する
お宅につけさせていただいています。

今では市内全域に立っています。

管理はまちづくり協議会単位で
行っているので、デザインは当初は
おやじの会のモデルでしたが、今では
各学区・まちづくり協議会で色やデザインが
まちまちです。

本当は市内全域に同じ色とデザインの統一感が
あった方が犯罪抑止力につながると思いますが、
まちづくり協議会のおじさん達は・・・。

南部地区はおやじの会が管理しています

南部地区は一番最初からおやじの会の
事業として活動を行ってきたので、
今でもおやじの会メンバーで学区内
三町内を分担して交換作業を行います。

約120本が三町内に設置してあるので、
チームを組んでくるくると回りながら
2時間程で付け替えます。

吉岡市長と柳沢・杉浦市議も協力してくれます

のぼり旗の交換は資源回収が終わってから
行うので、吉岡市長や柳沢市議・杉浦辰夫市議も
手伝ってくださいます。

本当に心強い限りです。

地道に地域安全の為に
おやじの会メンバー、これからも
頑張って行きたいと思います。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。