ミニ鬼瓦作りで作った鬼瓦が焼きあがりましたよ (^o^)/

親子ミニ鬼瓦作り体験の鬼瓦が
焼き上がりましたよ

 

5月に港小学区おやじの会ふれあいサンデー事業として
開催した「親子ミニ鬼瓦作り体験」で作ってもらった
ミニ鬼瓦がやっと焼き上がりました。

5月から出来上がりまでに約一ヶ月半以上かかりましたが、
乾燥や補修・また、焼き上げるのにあたって
一緒に焼く時のスペースの問題等で少し時間がかかってしまったようです。

ミニ鬼瓦作りの時はこんな感じでしたよ・・・

親子で楽しく「魔除け」の意味を持つ
ミニ鬼瓦を生の粘土の板から作りあげていました。
意外と粘土遊びにならずにしっかりと作られていました。

さてさて焼き上げは・・・

粘土よりも乾燥で約一割小さくなって、焼成でも
約1割小さくなるので、手元にと届いた時には
どう思うかな?

でも、親子で考えながら作った「魔除けの鬼瓦」を
玄関先に飾ってもらうときっと無病息災いで
過ごせると思いますよ。

この作品はプロの鬼師さんが作りあげる工程の
説明の時にパッパッと作りあげた物を焼いたミニ鬼瓦です。
あとで高浜小学校の校章を作って鬼瓦に貼り付けて
新しい高浜小学校の校長室か応接室に飾ってもらう予定です。

親子で作った作品です。
どうですか?魔除けとして怖そうな鬼瓦が
立派にできているでしょ?
粘土に触れたり、鬼瓦を作ることで地場産業である
三州瓦の事に少し興味を持ってもらいるとありがたいでし
参加した児童のなかで将来「鬼師」さんや「三州瓦の関係者」に
なってもらえる子が出てくるとうれしいですよ。

自称「イケメン鬼師」さんと記念写真を・・・

自称イケメン鬼師の山本英輔さんと一緒に
焼きあがったミニ鬼瓦の前で記念写真です。

これで港小・高浜小に分けて
参加者の児童に届くようにしたいと思います。

来年も是非事業としてやってみたいですね。

 

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 3 人中 3 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。