第62回愛知県消防操法大会が開催されます

第62回愛知県消防操法大会

 

明日、2017年8月5日土曜日 8:30~
碧南市港南町一丁目3番地 2号地多目的グラウンドで
第62回愛知県消防操法大会が開催されます。

高浜市消防団第四分団が高浜市消防団を代表して
出場します。
10:11 ~ 10:25 が競技時間となります。

そもそも消防団と消防署の違いはわかりますか?

各市町には公設の消防署や広域消防組合があり
消防士(公務員)さん達がいます。
火災・災害や救急の場合に一番に駆けつける
いわゆるエキスパートのプロ集団です。
消防団はそのプロの消防士さん達を後方支援したり、
大規模な火災や災害時に駆けつけるボランティアの
消防なのです。

消防団は各市町にあります、消防団員は非常勤公務員で
正業を持った20歳以上の方がボランティアとして、火災や災害が
発生した時に後方支援活動をしたり、場合によっては最前線で
活動をします。その為に、年間を通じて各種の訓練をしています。
放水訓練はもちろんのこと、水害に備えての土嚢積み、AED、
大地震が発生した際に起こるであろう津波に対しての防潮堤扉を
閉じる訓練をします。
自分も若いころ、11年間高浜市消防団第二分団に所属して
市民の生命財産をまも一員として活動してきました。
何度も火災現場で消火活動として放水したり、「ウ~ウ~」とサイレンを
ならし赤色灯を回して出場しました。
自分の長男坊も現在、第二分団に属して活動しています。テヘ(笑)

ところで消防操法大会て・・・?

とお思いの方へ簡単な図で説明します。

 

県操と略しますが、
ポンプ車(消防車)に5人の隊員(指揮者・一番員・二番員・
三番員・四番員)が乗車した状態から、火点(目標)にいかに
すばやく放水するか?のタイムを競います。
タイムだけでなく、動作の俊敏性やホースが真っ直ぐに伸びているか等々を
愛知県消防学校の鬼教官達が採点して順位を競います。
今年は23団がポンプ車操法に出場して順位を競います。
ポンプ車のほかに小型ポンプ(可搬ポンプ)操法もあります。

この操法はタイムを競うだけでなく、一本のホースの
長さを身体に覚えさせたり、ポンプ車の取り扱い方、
規律を学びます。これが出来ていないと火災現場で
ホースを何本伸ばすのか?ホースとホースのつなぎ方や距離は・・・。
あたふたしてしまいます。火災や災害は無い方がいいて゜すが、万が一に
備えて訓練に励んでます。

頑張れ 高浜市消防団第四分団選手達

 

写真は愛知県消防学校で鬼教官に指導をうけながら
訓練をしているところです。

鬼教官の指導を受けた後はひたすら
地元・高浜の地で月・水・金と20時~22時まで
練習をします。今の団員にも頭が下がります。

昨日は本番前最後の練習に吉岡高浜市長も激励に駆けつけて
おられました。

高浜市消防団第四分団の選手の皆さんの
明日の奮闘を祈ります!!

どうぞ応援よろしくお願いします。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 2 人中 2 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。