ペットボトルロケット作り体験

親子ペットボトルロケット作り体験

ブーメラン台風18号の接近が心配された日曜日の
午前中に港小の体育館で高浜小・港小の児童対象に
親子ペットボトルロケット作り体験をおやじの会で
開催しました。

ペットボトル2本と牛乳パックを使って
ペットボトルロケットを作りました。

講師はおやじの会の岡本さんにお願いをしました。
低学年の児童には少し難しかったかも知れませんが
お父さんやお母さんと一緒に作っていました。

時間との戦いだったんです(笑)

今回の体験は実は、暴風警報がいつ発令するか?
雨がいつ振りだすか?・・・との戦いでもあり
参加された皆さんは緊張感をもって作ってくれました。(笑)
ですから、例年よりも素晴らしく早い時間で
作り上げてくれました。

親子で協力をしながら、牛乳パックを使って
羽の部分を作ったり、ペットボトルを
カッターナイフやハサミを使ってロケットの部品を
切り取りなが作業を進めていきます。

また、ロケットを真っすぐ飛ばすためには
羽の四枚をきちんと平行につける必要もあり
親子で協力しながら接着をしていました。

また、お父さんもお母さんも完成した
ペットボトルロケットが飛ばないと一大事
ですから、結構真剣そのものでした・・・。

さあ完成です。いよいよ飛ばすよ!!

 

5・4・3・2・1 発射!!


真後ろから発射の写真を撮りました。
どうです、きれいに飛んでるでしょ!!
水と空気だけでかなり遠くまで飛ぶんですよ。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 3 人中 3 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。