平成29年のおまんと祭り その5

日が暮れておまんとまつりが終わると・・・

日が暮れて、午後5時になるとおまんとうも終了になります。
若い衆を中心として、神馬よりテントをたたみ始めます。

全ての町内のテントが撤収し終わる頃には
提灯のロウソクに火がともされます。

準備が整ったらヒケとして、各町内のまつり宿に
引き上げです

神馬を先頭に・・・

神馬を先頭に、ちゃらぼこの車、
神馬担当の田戸町が頭で順番に続いてきます。
デと違って途中で帰り道が近い順に
分かれ道で各町が散らばっていきます。

田戸町の次は二池町です。
帰りのヒケの際には、小若衆を中心に歌を歌って
バケツを叩きながら帰ってきます(笑)
昔から伝わる歌で、小若衆はおまつりの始まる前に
集まって歌の練習会を開催してみんな覚えるように
しています。

おまんとまつりの一日は更けていくのです。

おまつりに参加した全ての方々や
馬達も長い一日が終わります。

馬達はまつり宿について、馬つなぎに
つながれ食事を与えられて休憩になります。

若い衆達も一日の疲れを取りに家に帰って
食事をして熱い風呂に入って爆睡すると
思います。

三州瓦のまち「高浜」はこの二日間のおまんとまつりの時は
まち全体が静かに感じられます。昔から感じるのですが、
市内の熱気・生産活動がすべて春日神社の境内の馬場に
集まっていると感じてしまいます。

本当に静かなんですよ(笑)

お疲れ様でした。(^O^)/

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。