平成30年高浜市消防出初式 その4

【この記事はざっくりいうと...】

消防車両の分列行進

行進による分列行進のあとには、消防車両による
分列行進が続きます。

消防団には各分団に二台づつの車両が
配備されています。
ポンプ車が一台と可搬式ポンプ車両が一台です。
ポンプ車は消防車に放水用のポンプが組み込まれている
消防車で可搬式ポンプ車両は可搬ポンプ(手で運べるポンプ)
を積んでいる消防車です。
この車両による分列行進にはポンプ車が行進しています。
消防署のポンプ車と自衛消防隊のポンプ車も一緒に
行進するので見応えは十分です。

一斉放水

出初式の最後の目玉である
一斉放水です。
各車両からホースを延長して放水を一斉に行います。
放水の合図もラッパ隊のラッパ音で一斉に放水します。

昔は色のついた水で放水をしましたが、
今回はグランドの隣の稗田川の上流に放水するため
色のついた水を使ってます。
一斉放水もあくまで訓練であって実際の災害や火事で
放水することのないような無火災・無災害の高浜市で
あって欲しいといつも思っています。

火の用心三唱

式の最後には、参加者全員で
火の用心三唱を行いました。
平成30年も無火災・無災害を込めての火の用心三唱です。

出初式すべてが終了後は参加者の皆さんに
赤十字高浜支部の皆さんが作ってくださった
トン汁が振る舞われて冷え切った体を温めて
ました。

赤十字の皆さんありがとうございます。

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。