縦葺き金属屋根の雨漏り調査 屋根材の軒先から浸入【愛知県一宮市】

Dr.神谷
Dr.神谷
  • みなさま。こんにちは。
    屋根から人の笑顔を作りたい!!!神清(かみせい)のDr.神谷です。

    弊社は、高浜市・半田市にある創業150年老舗三州瓦の生産・販売・工事を行っている会社です。
    年間200棟以上の雨漏り調査・修理を行っています。
    建築業界誌「日経アーキテクチュア」の連載記事「新次元!雨漏り対策」を執筆しています。

本記事はこんな人にお勧めします。

なかなか直らない雨漏りで困っている人。

金属屋根からの雨漏りで困っている人。

 

この記事で伝えたいこと

屋根からの雨漏りで困っているとご相談をいただきました。

お伺いしてみると、増築部分・内樋がある部分から雨漏りしていました。

内樋と屋根材の間を色々と補修されていたましたが、直らなかったようです。

雨漏り調査して、屋根材本体に問題があることがわかりました。

雨漏り調査の内容をご紹介します。

 

お問い合わせはこちら

調査の概要

2階屋根からの雨漏り⇒ 金属屋根の軒先部からの雨漏り

工期:1日間

築年数:約25年

 

2階屋根からの雨漏り 金属屋根の軒先部から浸入

長年、雨漏りで困っているとご相談をいただきました。

お伺いしてみると縦葺きの緩勾配の金属屋根と外壁の間の内樋がある部分からの雨漏りでした。

内樋と金属屋根の間に水切りを入れたり、一部、カバー屋根が設置されていたりと雨漏り補修の痕が見られました。

内樋はステンレス製で孔開きなどは発生していませんでした。

縦葺きの金属屋根は経年劣化で、軒先に錆びが発生している状態でした。

念のため、内樋を散水しましたが、漏水はありませんでした。

次に金属屋根の軒先に散水するとすぐに漏水しました。

その次に金属屋根表面に散水しましたが、これでも漏水しました。

緩勾配の金属屋根で雨漏りしたら、大規模修繕が必要ですね。

簡単にご紹介します。

 

雨漏り調査

雨漏りの状況

伺ってみると2F天井の中央部分に、雨染みがありました。

一部は新しい天井材に交換してありましたが、雨漏りが直っていないとのことでした。

バケツも常設してあり、頻繁に雨漏りしている状態でした。

真上の部分は金属屋根と外壁の間となっていて、内樋が入っていました。

金属屋根は緩勾配の瓦棒葺きとなっていました。

散水調査

散水調査を行いました。

まず、内樋に散水しましたが、漏水はありませんでした。

次に、金属屋根の軒先に散水しました。

すると、すぐに漏水を確認しました。

金属屋根と内樋の取合部からの漏水も疑いました。

しかし、金属屋根と内樋の間には、雨漏り修理で設置された水切りが入っていて、取合部からは漏水しない状態でした。

つぎに、金属屋根の平部に散水してみました。

軒先からそのまま流れ落ちる状態でした。

風のない大雨の状況を再現しました。

すぐには漏れないかな?と思っていましたが、間もなく内樋と屋根側の間から漏水を確認しました。

浸入経路としては、瓦棒葺きの先端部分で軒先水切りとの間で毛細管現象により金属屋根の裏側に浸入したようです。

最初から常に浸入し、野地板が劣化して穴が開いて、室内側へ雨漏りするようになったようです。

緩勾配の金属屋根で雨漏りする場合は、シーリングや板金での部分補修をしても雨漏りが止まりません。

思い切って、大規模(葺き替え・カバー工法)に改修する必要があります。

金属屋根の雨漏りは原因がわかりにくいので、調査して補修することをオススメします。

 

屋根・雨漏りに関して、お悩みの方はお気軽にお問い合わせくださいね。

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ
愛知県でお困りの方は、是非、ご相談・ご依頼くださいね!
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事