三州瓦の神清 | 地震や台風に強い防災瓦・軽量瓦・天窓・屋根・リフォームのことならなんでもご相談ください。

~雪止(ゆきどめ)瓦ってなに? Q042~ 図解 屋根に関するQ&A

雪止(ゆきどめ)瓦ってなに?

図解 屋根に関するQ&A

よく聞かれる屋根への質問にわかりやすくお答えしています。

「屋根にある輪っかみたいなものはなんですか?」とお施主さまから質問をいただきました。

Q:雪止(ゆきどめ)瓦ってなに? ~Q042~

A:積雪地区で雪の急激な落下を防ぐために使用される瓦のこと。形状には輪形(大・小)と駒形がある。近年では、関東地方でも設置されようになっている。瓦表面から出っ張っている輪形に積雪が引っかかるというしくみ。

雪の急激な落下を防ぐための瓦。

雪止瓦は通常、軒先から3、4段目に設置されることが多くなっています。

積雪荷重の負担を考えて、軒先ではなく、壁直上の位置に雪止瓦が設置されることになります。

地域によって、横一列に雪止瓦を配置する場合があります。

また、千鳥に配列する場合があります。

さらに、積雪が多い地域では、屋根一面に対して、雪止瓦を2段入れる場合もあります。

また、近年の異常気象により今まで降ったことのない地域で、大雪が降ることがあります。

その場合、落雪によるカーポートの被害などが発生することがあります。

そういう場合は、後付けで雪止瓦を設置することが可能です。

また、雪止瓦の代わりに、雪止金具を設置する方法もあります。

 

図解 屋根に関するQ&Aでは、よく聞かれる屋根の質問にお答えしています。

【屋根用語・Q&A集】屋根の用語・疑問を図解でやさしくお答えしています!

屋根のご相談等がありましたら、ご連絡くださいね。

 

 

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 2 人中 2 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。