防災キャンプ 小学生も取り組んでます!!

小学生も防災訓練に取り組んでます!

夏休みに入る前に、地元港小学校では
児童の防災キャンプを開催しました。
既に4回目を迎えます。

東日本大震災後、防災士の方と児童がバスで
ミナトショウ繋がりで宮城県の湊小にボランティアに
行き、津波や地震の被害を見てきた事を地元の
港小児童に伝えてゆき災害が発生した場合に
どうするか?との思いから防災キャンプを行っています。
港小には子ども会が有りませんので、港キッズクラブと
おやじの会の共催で、高浜の防災を考える市民の会の
ご協力を得て開催しています。

飯盒でのご飯炊きやおかずつくり

 

低学年・高学年を合わせてグループを組み
各グループごとに分かれて、防災食の準備を行います。
定番と言えば定番ですが、カレーライスを作りました。
また、おにぎりも握ってもらいました。
防災キャンプですので、お皿を洗わなくていいように
お皿にはラップを巻いて水を節約することも
体験してもらいました。

新聞紙で作るスリッパやごみ袋を利用した
防寒着つくり

夜は段ボールでプライバシーを確保できるように
児童が間仕切りをして暑い体育館でしたが、
体育館で避難所体験で寝泊まりをしました。

いくら防災キャンプとは言え、楽しみもないと
児童も飽きてしまいますので、プールで水浴びを
する前に地元の消防団にご協力をお願いして、
ポンプ車で放水訓練をして頂きました。
筒先からの放水でどれだ力が
必要かを体験してもらいました。
消防団のお兄さん達のボランティアの姿を
みて児童の中から進んで地域でのボランティアが
できる子が育ってくれればと思います。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 2 人中 2 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。