バルコニー周辺からの雨漏り 雨漏り調査で浸入場所を特定【愛知県豊橋市】

Dr.神谷
Dr.神谷
  • みなさま。こんにちは。
    屋根から人の笑顔を作りたい!!!神清(かみせい)のDr.神谷です。

    弊社は、高浜市・半田市にある創業150年老舗三州瓦の生産・販売・工事を行っている会社です。
    年間200棟以上の雨漏り調査・修理を行っています。
    建築業界誌「日経アーキテクチュア」の連載記事「新次元!雨漏り対策」を執筆しています。

本記事はこんな人にお勧めします。

雨漏りで困っている人。

バルコニーが気になっている人。

この記事で伝えたいこと

バルコニー下の部屋の天井からの雨漏りが発生していました。

築15年を超えてからの雨漏りは浸入口となりそうな所が多く、特定が難しいです。

そんなときは、雨漏り調査をしっかり行う業者に修理を依頼しましょう。

この記事では、バルコニー下・天井からの雨漏りに対する雨漏り調査をご紹介します。

お問い合わせはこちら

調査の概要

築20年のバルコニーからの雨漏り調査

工期:1日間

築年数:築20年

 

バルコニー下の天井からの雨漏り 雨漏り調査で浸入場所を特定

築20年のバルコニー周辺の雨漏り調査を行いました。

バルコニー下の天井からの雨漏りが直らないとのことで、ご相談がありました。

お客様は、「強雨風のときに、雨漏りするが原因がわからない」とお話がありました。

お伺いしてみると、天井部分に雨染みが残っていました。

バルコニー周辺はヒビ割れが多くあり、あやしいところだらけでした。

ヒビ割れ部分には、DIYコーキングが施されていました。

見た目だけではわからないので、雨漏り調査して原因を突き止めてから、雨漏り修理する方が間違いないですよ。

 

調査手順

調査前

1階バルコニー下の天井に雨染みがありました。

赤外線サーモグラフィ調査では雨漏りの反応はありませんでした。

バルコニーを見てみると、数カ所に雨漏り補修したコーキング材の痕がありました。

 

雨漏り調査

下から順番に散水調査を行いました。

バルコニー床面にヒビ割れが発生していたので、そこから散水しました。⇒漏水なし

バルコニー内壁と外壁との入隅部にコーキングしてありました。

そのコーキングしてある入隅部に散水をしました。⇒漏水なし

バルコニーの笠木と外壁との取合部にもコーキングしてありました。

その取合部に散水しました。⇒漏水なし

外壁のサイディングに大きなヒビ割れがあり、コーキングしてありました。

ヒビ割れに散水しました。⇒漏水なし

バルコニー内のあやしいところは一通り散水しましたが、漏水しませんでした。

そこで、バルコニーの外側の壁へ散水しました。

縦樋を留めているでんでんの根本に散水しました。

外側の壁のサイディングのつなぎ目に散水しました。

一見、それほど劣化しているように見えない2か所を散水しました。

すると、赤外線サーモグラフィ調査の熱画像では、水分による温度低下を示しました。

目視でも床に漏水が確認されました。

 

目視調査によるヒビ割れをDIYでコーキングしても、雨漏りはなかなか止まりません。

内装が傷む前に、雨漏り調査・修理を依頼して、早く直す方が被害を少なくすることにつながりますよ。

 

屋根・雨漏りに関して、お悩みの方はお気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ
愛知県でお困りの方は、是非、ご相談・ご依頼くださいね!
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事