全面塗装したのに直らない雨漏り 雨漏り修理してから塗装しましょう 【愛知県名古屋市】

Dr.神谷
Dr.神谷
  • みなさま。こんにちは。
    屋根から人の笑顔を作りたい!!!神清(かみせい)のDr.神谷です。

    弊社は、高浜市・半田市にある創業150年老舗三州瓦の生産・販売・工事を行っている会社です。
    年間200棟以上の雨漏り調査・修理を行っています。
    建築業界誌「日経アーキテクチュア」の連載記事「新次元!雨漏り対策」を執筆しています。

本記事はこんな人にお勧めします。

雨漏りしていて外壁塗装を検討している人。

直らない雨漏りで困っている人。

雨漏り修理を検討している人。

 

この記事で伝えたいこと

1階窓上からの雨漏りに対してご相談をいただきました。

伺ってみると外壁塗全面装築したのに雨漏りが直らないというよくあるお悩みでした。

塗装業者に何回か診てもらったけど、原因がわからないとギブアップ。

雨漏り修理を簡単にご紹介します。

お問い合わせはこちら

工事の概要

外壁全面塗装したのに雨漏りが直らない建物 雨漏り調査してからの修理

工期:1日間

築年数:約30年

全面塗装したのに直らない雨漏り 雨漏り修理してから塗装しましょう

1階窓上からの雨漏りに対してご相談をいただきました。

伺ってみると外壁塗全面装築したのに雨漏りが直らないというよくあるお悩みでした。

塗装業者に何回か診てもらったけど、原因がわからないとギブアップされたそうです。

お客様も直らないので、その業者に頼みたくないとのことでした。

もともと雨漏り修理の話から「外壁塗装をすれば直ります」の提案で外壁全面塗装に踏み切ったそうです。

外壁はきれいにはなったのですが、肝心の雨漏りが直らない。

内装もきれいにしたので、早く雨漏りを直したいとのことでした。

残念ながら私の考えでは順番が逆だと思います。

雨漏り原因をはあく、雨漏り修理してから外壁塗装するべきです。

外壁塗装では雨漏りは止まりません。

簡単に、雨漏り修理の様子をご紹介します!

 

工事内容

雨漏り状況

1階の窓上から雨漏りするとのことでした。

常に吸水シートが窓下にひいてありました。

外壁は塗装できれいになっていました。

しかし、雨漏りが止まらなくて闇雲にシールしてはいけないところにもコーキングがべったりとなっていました。

雨漏り調査

あやしい所を散水調査しました。

サッシ上から漏水がありました。

別の場所も散水しました。

こちらも漏水を確認しました。

浸入箇所がわかりましたので、ピンポイントの雨漏り修理を行いました。

何度もいいますが、雨漏り修理をしてから塗装することがセオリーです。

その方が仕上がりもきれいになります。

また、塗装では雨漏りを止めることはできません。

ご注意ください。

 

工事のビフォーアフター

工事前

工事後

耐久性のある防水シートで全面を覆いました。

工事前

工事後

30年前のサイディングは直貼り工法の場合が多いです。

わずかなシーリングのピンホールも雨漏りにつながります。

雨漏り箇所などは縦目地だけでなく、横の相じゃくりもシーリングするなど、雨漏りの浸入箇所をふさぐ対策が必要です。

このような雨漏り修理をしてから、塗装しないと雨漏りは直らないリスクがあるとご承知おきください。

とにかく、雨漏り修理を依頼して「全面塗装すれば直る」と言われたら、別の業者にも相談されることをオススメします。

 

屋根・雨漏りに関して、お悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事