太陽光パネルの不具合はいろいろある! 飛来物落下・風被害・鳥害

お問い合わせはこちら

太陽光パネルの不具合はいろいろある! 飛来物落下・風被害・鳥害

太陽光パネルは屋根の上で365日、発電するように頑張っています。

雨・雪・風・雹・台風・雷など様々な天候にも耐えています。

しかし、予想を超えた自然災害が発生することもあります。

 

太陽光被害2

 

上の写真は竜巻による被害です。

青丸は化粧スレートが飛散して、バラバラに割れています。

それに比べると太陽光パネルは強いのですが、飛来物によりパネル表面が大きく変形しています。

太陽光被害1

 

また、飛来物により小さく変形している場合があります。

 

太陽光被害3

 

このようなわずかな変形の場合、すぐに発見することができないと思います。

発電量の変化もわからないため、知らない内に発電ロスしている可能性があります。

太陽光被害4

パネルに異物が載っていることもあります。

太陽光被害5

鳥の糞尿により、パネルが汚れる場合もあります。

折角、太陽光発電システムに投資したのであれば、少しでも発電により回収を期待されていると思います。

●月々の発電量をチェックし、さらに経年変化をかならず確認してください。

●少なくとも月1回はパネルの外観をチェックしてください。

●異常天候の直後もパネルの外観をチェックしてください。

何か異常や気になることがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。