工場の雨漏り調査したよ! スレート屋根編

お問い合わせはこちら

工場の雨漏り調査したよ! スレート屋根編

スレート波板屋根の工場の雨漏り調査を行いました。

屋根工事の中で、作業者の落下がもっとも多い屋根がスレート屋根です。

スレート1

 

築40年程度のスレート屋根はコケなどが生え、色むらも著しいです。

スレート自体の強度低下もあり、母屋の上を歩かないと踏み抜けが心配です。

 

スレート4

 

換気筒(越屋根)の部分で、屋根と壁の取り合いがありました。

通常は上写真のように、面戸で塞がれています。

 

スレート3

 

雨漏り箇所は面戸がなくなっていました。

隙間から奥の壁が見えています。

数メートルにわたり、この状態でした。

 

スレート5

 

樋には土・埃が大量に堆積していました。

おそらく、清掃など行われていません。

このようになると樋の劣化した部分から局所的にオーバーフローします。

余計に屋根と壁の取り合い部に雨水が流下して雨漏りを助長します。

 

工場の別の部分には、折半屋根もありました。

 

 

スレート6

 

折半屋根は面戸はしっかり付いていました。

折半屋根のボルトはすべて錆びて、腐食していました。

 

このように大きい工場では、メンテナンスを行うと大変な費用となります。

そのため、雨漏りや台風の度に、部分的な修繕を行うことになると思います。

 

スレート屋根はとても劣化しています。

落下した場合は、死亡事故につながりますので、決して屋根には登らないでください。

補修などに際しては、

必ず専門業者にご依頼ください。  (#⌒∇⌒#)ゞ

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。