高浜市制50周年記念展示 広報でめぐる「高浜の歴史」展示が郷土資料館に展示してありましたよ (^o^)/

お問い合わせはこちら

高浜市制50周年記念展示

高浜市碧海町にある高浜市立図書館の
二階にある郷土資料館に高浜市広報の
表紙で高浜市の歴史をひも解いてみようと
展示がされています。

今年の12月28日月曜日まで展示されています。
早速観てきました。

昭和45年12月1日市制施工記念特集号です

高浜町は人口5万にんにも満たない町でしたが、
昭和45年(1970年)12月1日に愛知県下
28番目の市として高浜市が誕生しました。

昭和45年3月に「市制特例法」が施行されて
5万人以上でなければ市になれなかったのが、
3万人以上でも条件を満たせは市になれるように
なり、さらなる発展を目指して市制に踏み切り
高浜市が誕生しました。

因みに高浜町は丁度64年前に大字高浜と吉浜と高取の
一町二村が合併してできた町でした。

高浜市となった最初の広報が展示してあります。
特集号として当時の様子や細かい事柄が
載っています。今の広報とは掲載内容も
違ってかなり硬い作りのようです。

また、昔の高浜の風景写真なども
展示してあるので、是非観ていただくと
面白いしかなり発展したんだなーと感じますね。

昔の航空写真もあります。
まだ海岸が埋め立てられていない頃の
写真ですし今と比べると想像もできないですよ。

郷土資料館には昔のものが展示されています

郷土資料館は昔の瓦作りの道具や
貴重な鬼瓦なども展示してありますので
一緒にご覧になられるといいと思います。

(^o^)/

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。