大雨・台風シーズン前に高浜市水防団の訓練が開催されましたよ

お問い合わせはこちら

水防団の訓練でしたよ

高浜市水防団の訓練が開催されましたよ。
梅雨・大雨・台風シーズンの前に市役所の担当職員や
消防団の皆さんでの訓練です。

水防団は水害が発生しそうな時に
水防団として消防団をはじめとして
担当される方々が集まって水防団として
活動をします。

自分も11年間消防団員として活動したときに
一度水防団として高浜市稗田町の塩田住宅付近で
胸まで水に浸かりながらボートを引いて
住宅に孤立して避難できていない市民の
避難活動をしました。

水防団は水害の発生しそうな箇所に
土嚢を配布したり土嚢で水の侵入を防いだり
避難のために活動したり消防ポンプ車で
水の侵入した場所から水を排出したりします。

また、土嚢を作る訓練も行います。
手分けして土嚢袋に砂を入れて数をつくります。
訓練で作った土嚢は今シーズンの使うかも知れないので、
災害器具庫等にストックされます。

樋門・防潮扉の開閉操作訓練も行いますよ

高潮や台風・津波などで海岸線から住宅地に
海水が侵入して被害を受けないように
樋門・防潮扉の開閉操作訓練も行います。

写真は碧海町の3号扉で市内でも一番大きな
防潮扉で自分が消防団現役の時はハンドルを回して
手動で締めていました。

その後は電動器具を使っていました。
とても時間がかかる作業でイザとなった時に
間に合うか?心配な箇所でした。

最近、改修工事が行われて
モーターでスムーズに開閉されるようになりました。
これでイザにも対処できますね。

小さな樋門は相変わらず手動での操作です。
有る部分は致し方ないですね。

ボランティアで活躍する消防団員に
敬意を表します

SNSでたまに見かけますが、「消防団は不必要」、
「経費のムダ」、「自衛隊に災害派遣を頼めばよい」。
こんな書き込みをする人がいます。

一つの意見ですからそんな考えを持つ人が少なからず
居る事は理解しています。
しかしながらちゃんと現実を理解して欲しいですね。

大規模災害が発生したら自衛隊や消防・警察の
人数では対処できないです。
例えば、南海トラフ巨大地震が発生したら
関東から九州までの範囲の太平洋側は津波で
被害を受けたり火災等で甚大な被害が発生します。

そんな状態の時に自衛隊などで全てカバーできるわけが
ないです。阪神・淡路大震災や東日本大震災など
狭いエリアであれだけの被害や亡くなった方が有ったのに・・・。

自分達でできる事は少しでも自分達で行う必要があります。

そのためにボランティアで活動している消防団の皆さんに
改めて感謝申し上げます。
<(_ _)>

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

この記事に関連するサービスメニュー

関連工事メニュー