シン・タカハマ物語 Story of Takahama 制作発表会です

お問い合わせはこちら

制作発表会をおこないましたよ

令和5年5月30日火曜日に
高浜市役所会議棟にて「シン・タカハマ物語
Story of Takahama」の制作発表会を
開催しました。

2011年から「こども・若者成長応援」として
映像制作を手法として「こどもや若者」達に
体験・経験・学・動いてみる・感じる・芸術に
ふれる・仲間を作る・年上、年下と交流する
そんなことを目的に市民ムービー・タカハマ物語を
制作・上映してきました。

2011年~2012年 タカハマ物語
2016年 タカハマ物語2~心のツバサ~
2021年 タカハマ物語3~お願いタイムマシーン~

今回、第4弾として「こども・若者成長応援」の
想いはそのままで手法を少し変更していきたいと
発表会を開催いたしました。

当日は中日新聞さんとケーブルテレビKATCHさんが
取材に参加してくださいました。

発表会の様子です・・・

 

実行委員長は鳥居正幸さん
監督・脚本はマッキー
音楽ディレクターは杉浦さん
プロデューサーとして私、神谷環光が説明をさせて頂きました。

今回は元となる小説を募集します

今回は原作として小説を募集します。
高浜市に在住・在勤・在学・出身(経歴が必要です)の
市民の皆さんから短編小説(2,000文字以内)を
募集します。テーマは決められた5つの中から選び、
こども・若者が主人公の小説を書いて頂きたいと思います。

大賞1作品は賞金10万円。書籍化も予定しています。
締切:令和5年11月30日

その小説を原作として物語を作りあげます。
「Story of Takahama」として
アニメーション作品として制作します。

こども・若者達には作画や声優、エンディング曲の
歌手としてオーディションに参加して頂き
作品を作りあげる過程のなかで体験・経験・
交流・学び・・・等を通して成長してもらえればと
考えています。

多くのこども・若者の参加、そして支援していただける
大人の皆さんを募集しています。

よろしくお願いします。
<(_ _)>

KATCHさんのインタビューを受けている
鳥居実行委員長さんです。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 2 人中 2 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

この記事に関連するサービスメニュー

関連工事メニュー