台風21号接近 見えないところで市民の生命と財産を守って昼夜問わず活動している高浜市消防団!!

台風21号が愛知県に接近通過しました

平成30年9月4日のお昼頃から夕方にかけて
台風21号が大変強い勢力のまま近畿地方に上陸し
通過していきました。

大阪などでは大きな被害が発生して
近畿圏のみならず、台風21号の進行方向の右側に
あたったエリアでは25m以上の暴風域・強風域で
風による被害が多数発生しています。

テレビのニュースでは、関西空港や駐車場で車が
横転したりビルの囲いが飛散したりと報道されています。
近畿圏を中心に全国各地で大きな被害をだしています。

被災された皆様にお見舞い申し上げます。

地元・高浜市では消防団が頑張ってくれていましたよ

全国各地で災害時には常設消防と共にボランティアで活動
している消防団が陰ながら活動をしていてくれています。
我が高浜市においても消防団員が自分の家や会社のことを
投げうって市民の生命・財産を守るために活動をしていてくれました。

愛知県では、朝の4時20分に暴風警報が発令されました。
その時点から消防団員は出動待機になっていました。
その後、消防団詰所待機命令がかかり団員は詰所に
積めていました。

市役所災害対策本部では、気象庁や愛知県また
衣浦東部広域連合消防局やその他関係各方面からの
情報や現地の情報をもとに対策を協議しています。

その後、9時42分に「高潮警報」が県内三市に発令されました。
高浜市の碧海町が高潮警報のエリアとなりました。
高浜市災害対策本部では11時に碧海町五丁目に「避難勧告」を
だしました。

対策本部からの消防団員に対して指示が
防災無線を使ってだされます。

碧海町の海岸ベタから高潮で市内に海水が
流れ込まないように、二ヶ所ある防潮堤の樋門を
閉じる作業を消防団が行いました。

これで高潮が来ても市内に海水が流入することは
有りません。

その他にも土嚢を積んだり、
飛散分を撤去したりと・・・

その他にも市内で大雨の場合に
浸水する箇所に土嚢板と土嚢を積み住宅が
床下・床上浸水しないように作業を行います。

また、市内をパトロールしている際に発見した
建物が強風であおられて傾きガラスが割れて
飛び散ったところを撤去してくれたり、
飛散物を発見すれば撤去をしてくれていました。

自分も11年間消防団員として活動してきましたので、
彼らの大変さは十分にわかります。

今後、発生するであろう「南海トラフ巨大地震」で
この高浜市が被災したときにも彼らが活躍してくれると
思いますが、ただ、なるべく彼ら消防団の活躍の場が
訪れないように平穏な時が過ぎればいいと思わずには
居られません。

台風21号が通過し高浜市にも穏やかな時が
来た時には、樋門を開けたりと最後まで市民の為に
頑張ってくれています。

ありがとう高浜市消防団!!
お疲れ様でした。

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 3 人中 3 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。