ミニ鬼瓦作り体験 続編

ミニ鬼瓦が焼き上がりました(笑)

 

先日ブログに書いた「親子ミニ鬼瓦作り体験」で
作ってもらったミニ鬼瓦が無事に焼き上がりました。

1,100度で高温焼成

作りあげて頂いたものをイケメン鬼師さんの会社
山本鬼瓦工業さんの工場でしっかり乾燥させて
銀色単窯で最高温度1,100度で焼き上げ、
炭素膜で綺麗な銀色をつけました。

 

写真は作りあげた直ぐの写真です。
これを工場に運んで、イケメン鬼師さんが
少し手を入れて乾燥をさせました。
生の粘土で作り上げたので、ここから約一ヶ月
風が当たらないように静かに置いておきました。
生の粘土で作り上げる鬼瓦は風が当たると
切れてしまいます。また、粘土の芯までしっかり
乾燥させないと焼成するときに破裂してしまうことが
あるので、慎重にしないといけません。

立派に焼き上がりました!!

 

イケメン鬼師さん達のおかげで
一つも破損することなく無事に焼き上がりました。
鬼瓦は魔よけの意味合いがあります、親子で
我が家の「無病息災」を祈りながら作り上げた
鬼瓦です。

鬼瓦で表札を作った親子もいました。

日本の住宅は過去からいろいろな思い・願いをこめながら
作られてきました。上棟の時には大工さんが棟際に住まい手の
「無病息災」を願って飾りをつけたりしています。

住宅の外観の屋根瓦では、隅に魔よけである
鬼瓦を設置して「無病息災」を願ってきました。
瓦屋根は住まい手の幸せを常に願っているんですよ。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 2 人中 2 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。