子ども防災リーダー養成講座/中学生防災・減災アカデミー その1

高浜の防災を考える市民の会の活動

高浜市には市民団体で防災を考える活動をされている
「高浜の防災を考える市民の会」があります。
定期的に、小学生や中学生を対象に防災講座をひらかれています。

9月に開催されたのは、
子ども防災リーダー養成講座と
中学生防災・減災アカデミーでの一泊避難所体験
が開催されました。

このリーダー養成とアカデミーで育った子が
高校生になり今では、防災リーダーとして
小学生や中学生の指導にあたっています。

さて講座の内容は・・・

まず非常持ち出し袋や避難道具として
参加者各自が何を持ってきたか?をグループごとに
B紙に書き出してチェックをします。

他の参加者が持ってきたもので良いものや
自分が忘れた・気が付かなかった物をグループメンバーと
話しあって共有します。「気づき」て、結構重要ですよね。

その後は防災士さんから大地震が起きた時に
家具などの引き出しが飛びだしたらアブナイよ・・・。
など、簡易模型で勉強をします。

また、東北大震災の時に現地で救助・復興にあたられた
碧南警察署の方にもいろんなお話しをしていただいたようです。

勉強ばかりでは飽きてしまうので(笑)

座ってばかりの講義では小学生も飽きてしまうので、
体を使って必要なものづくりを行います。

小学生は高校生の防災リーダーが講師となり
ランタンの芯の部分をつくりました。

このランタンはあとで使ったんですよ・・・。
覚えておくといいですね。

つづく・・・。

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。