雨漏り修理中に見つけた蟻害 併せて防蟻工事も行います。【岐阜県】

Dr.神谷
Dr.神谷
  • みなさま。こんにちは。
    屋根から人の笑顔を作りたい!!!神清(かみせい)のDr.神谷です。

    弊社は、高浜市・半田市にある創業150年老舗三州瓦の生産・販売・工事を行っている会社です。
    年間200棟以上の雨漏り調査・修理を行っています。
    建築業界誌「日経ホームビルダー」の連載記事「新次元!雨漏り対策」を執筆しています。

本記事はこんな人にお勧めします。

雨漏り修理に併せて、防蟻工事をしたい人。

雨漏り修理に併せて、家の修繕をしたい人。

この記事で伝えたいこと

雨漏り修理を行っているとときどき蟻害(シロアリ)を見つけます。

常時、雨漏りしていて、柱などが床の方まで濡れている現場が多いです。

ひどいときは、壁内の木がほとんどスカスカになっているときもあります。

そんなときは、併せて、シロアリ駆除・防蟻工事を行います。

この記事では、雨漏り修理に併せて行った防蟻工事をご紹介します。

お問い合わせはこちら

工事の概要

屋根の雨漏り修理中に見つかった蟻害 防蟻工事も併せて実施。

工期:1日間

築年数:築20年以上

 

雨漏り修理中に見つけた蟻害 併せて防蟻工事も行います。

雨漏り修理を行っているとときどき蟻害(シロアリ)を見つけます。

常時、雨漏りしていて、柱などが床の方まで濡れている現場が多いです。

ひどいときは、壁内の木がほとんどスカスカになっているときもあります。

そんなときは、併せて、シロアリ駆除・防蟻工事を行います。

この現場は、しばらく、空き家となっていたので、水まわりを使用していませんでした。

そのためか、シロアリはいませんでした。

しかし、蟻害の範囲は、床・壁・天井と広範囲にわたっていました。

防蟻工事の場合、まずは、水分の浸入源を絶つことが大事です。

雨漏り修理を先に行い、その後に、併せて防蟻工事を行います。

床下は、床下内側から全周散布します。

外壁は、サッシのビス穴や外壁に小さな穴を開けて、壁内へ注入します。

土間周辺の土台にも、小さな穴を開けて注入します。

雨漏りが室内へ出てくると、すぐに直すことができるのですが、床下・壁内・天井上などで、雨水だけだ浸入していて、気がつかない場合が多いです。

雨漏り修理で蟻害が見つかったら、併せて、蟻害工事を行うことをおススメします。

 

工事手順

工事前

雨漏り調査・修理時に、シロアリによる蟻害を発見しました。

空き家で使用していなかったキッチンマットをはがしたら、蟻道がありました。

見事にマットの下だけが食害を受けていました。

床下に潜ってみたのですが、シロアリは現存していませんでした。

雨漏り修理を行い、雨水の浸入を防ぎました。

防蟻処理

和室のたたみをあげて、床下へ防蟻処理剤を散布しました。

台所の下まで、侵入して防蟻剤を散布しました。

 

玄関の土間まわりにも散布

玄関の土間まわりにはしっかり散布します。

土台にも、小さな穴を開けて注入します。

中庭などがあるとそこも要注意です。

壁内にも小さな穴を開けて、注入します。

シロアリ・蟻道が見つかれば、建物全体の床下を防蟻処理することは必須です。

現在の防蟻剤は、5年間の防蟻性能は保証されています。

 

工事のビフォーアフター

工事前

工事後

床面も少し開口して、しっかりと防蟻剤を散布しました。

 

雨漏り修理のついでに、シロアリ調査を依頼される方も多いです。

家の劣化は、雨漏り・結露とシロアリの原因がほとんどです。

雨漏り修理のついでの家の修繕やプチリフォームは、お気軽にご相談ください。

 

外壁・雨漏りに関して、お悩みの方はお気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ
愛知県でお困りの方は、是非、ご相談・ご依頼くださいね!
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事