築浅で雨どいが破損 といの落とし口の交換工事【愛知県刈谷市】

Dr.神谷
Dr.神谷
  • みなさま。こんにちは。
    屋根から人の笑顔を作りたい!!!神清(かみせい)のDr.神谷です。

    創業150年三州瓦の老舗で、生産・販売・工事を行っています。
    建築業界誌「日経ホームビルダー」の連載記事「新次元!雨漏り対策」を執筆しています。

本記事はこんな人にお勧めします。

といの補修を検討している人。

といの部分補修を検討している人。

この記事で伝えたいこと

雨降りに屋根を見上げてみると、意外とといの不具合を見つけることがあります。

普段はあまり気にしないといですが、オーバーフローや漏れてくるとやたら気になります。

1か所だったので、高所作業車で直しました。

お問い合わせはこちら

工事の概要

強風による樋の破損 縦樋の落とし口を交換

工期:1日

築年数:5年

築浅で雨どいが破損 縦樋の落とし口を交換

築5年で、雨どいが破損した建物です。

雨降りに屋根を見上げると、雨どいから水が垂れているのを気付いたそうです。

築5年で、雨どいが破損するのは、早すぎるのでは?と工務店さんに話をしたそうですが、しっかりした回答がなかったそうです。

安価に補修するために、足場ではなく、高所作業車で修理しました。

簡単に、工事の様子をご紹介します!

 

縦樋の落とし口の交換工事

工事前

雨降りには、といの穴から雨がぼとぼと落ちてきたそうです。

2、3㎝ぐらいといに隙間ができています。

交換作業

高所作業車を使って、雨どいへ向かって上がります。

目指すは3階建ての雨樋です。

雨どいに近づいて作業開始

雨どいに近づいて、作業を開始しました。

縦といが外れているわけではなく、破損していました。

落とし口の部分を取り外しました。

新しい雨どいの部品に交換しました。

強風によるものなのか、5年でといが割れていました。

ビフォーアフター

施工前

とい吊り金具は落とし口の近くにはなく、樋に負荷がかかっていたと思います。

強風で破損しないように、とい吊り金具やビスで取付を補強して完成です。

樋の中も掃除しておきました。

雨が降るとずっと気になっていたそうで、「やっと安心できます」とお客様からひと言いただきました。

仕事していて、一番うれしいときですね。

 

屋根に関して、お悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ
愛知県で雨漏りでお困りの方は、是非、ご相談・ご依頼くださいね!
詳しくは、こちらをご覧ください!
↓↓↓
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事