勝手口ドア上からの雨漏り 散水調査&サーモグラフィで浸入場所を特定

Dr.神谷
Dr.神谷
  • みなさま。こんにちは。
    屋根から人の笑顔を作りたい!!!神清(かみせい)のDr.神谷です。

    創業150年三州瓦の老舗で、生産・販売・工事を行っています。
    建築業界誌「日経ホームビルダー/日経アーキテクチュア」の連載記事「新次元!雨漏り対策」を執筆しています。

本記事はこんな人にお勧めします。

雨漏りで困っている人。

なかなか雨漏りが止まらない人。

 

この記事で伝えたいこと

築10年以内で、雨漏りが発生すると嫌ですよね。

建てた工務店さんに言ったら、もちろん無料で補修をしてもらえます。

困るのは、直してもらったのに雨漏りが再発することです。

年に1,2回の雨漏りでもしっかり10年以内にしっかり直してもらいましょう。

わからないなら、雨漏り調査業者に調査してもらいましょう。

お問い合わせはこちら

調査の概要

勝手口ドア上からの雨漏り 散水調査&サーモグラフィで浸入場所を特定。

工期:1日

築年数:8年

勝手口ドア上からの雨漏り 散水調査&サーモグラフィで浸入場所を特定

築8年の住宅で、強風雨のときだけ雨漏りするけど、原因がわからず困っていると相談がありました。

雨漏り箇所は、勝手口ドア上でした。

以前に、雨漏りしたときにドア上の外壁をはがして、ドア上の防水シートをやり直したとのことでした。

伺ってみると、勝手口ドア上には、ひさしがあり、ひさしの下は雨漏りの浸入口にはなりそうもありませんでした。

赤外線サーモグラフィと散水調査で雨漏り浸入箇所を特定しました。

どうしても止まらない雨漏りは、違う業者の目を入れるで解決することもあります。

簡単に、ご紹介します。

 

勝手口ドア上からの雨漏り調査

雨漏りの様子

勝手口ドア上から雨漏りするとのことでした。

年に1、2回の強風雨のときだけ、雨漏りする状態でした。

勝手口ドア上はシミもなく、一見では雨漏りの痕はわかりませんでした。

外側を確認すると、

勝手口の上には、ひさしもあり、その下から浸入するとは考えにくい状態でした。

散水調査を行う前の室内側の熱画像を撮影しました。

散水調査

念のため、ドア上から順番に散水をして、浸入口を探しました。

なかなか漏れない状態で、2階の窓付近まで散水をしました。

2階の窓付近のサイディングの相じゃくり部分を散水したときに、漏水が確認できました。

勝手口ドア上のドア枠と木枠の間から漏水しました。

漏れ出すと一気に床に溜まるほどでした。

工務店さんの思い込みで、調査範囲を限定していたために、浸入口を特定できなかったようです。

なかなか止まらない雨漏りは、第3者に調査してもらうことが近道だと思います。

雨漏りに関して、お悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ
愛知県で雨漏りでお困りの方は、是非、ご相談・ご依頼くださいね!
詳しくは、こちらをご覧ください!
↓↓↓
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事