マンションエントランスからの雨漏り 調査で浸入場所を特定【愛知県名古屋市】

Dr.神谷
Dr.神谷
  • みなさま。こんにちは。
    屋根から人の笑顔を作りたい!!!神清(かみせい)のDr.神谷です。

    弊社は、高浜市・半田市にある創業150年老舗三州瓦の生産・販売・工事を行っている会社です。
    年間200棟以上の雨漏り調査・修理を行っています。
    建築業界誌「日経アーキテクチュア」の連載記事「新次元!雨漏り対策」を執筆しています。

本記事はこんな人にお勧めします。

マンションからの雨漏りで困っている人。

原因がわからないと困っている不動産屋さん。

この記事で伝えたいこと

マンションエントランスの天井からの雨漏りが発生していました。

原因を特定したいと不動産屋さんからの依頼でした。

散水調査で雨漏りの原因を特定しました。

この記事では、マンション共用部からの雨漏りに対する雨漏り調査をご紹介します。

お問い合わせはこちら

調査の概要

築20年以上のマンションエントランスからの雨漏り調査

工期:1日間

築年数:築20年以上

 

マンションエントランスからの雨漏り 調査で浸入場所を特定

マンションエントランスの天井からの雨漏りが発生していました。

以前から雨漏りしているようで、補修跡や天井板も交換されていました。

前回雨漏りしたときの写真があり、その状況を散水で再現しました。

散水調査の結果、浸入箇所は2ヵ所ありました。

北側廊下のひび割れ部およびエントランス屋根からの雨漏りすることがわかりました。

マンション共用部では、雨漏りの状況がはっきりしない場合が多く、雨漏り調査の精度が下がってしまいます。

雨漏りしている日時、状況写真、状況動画などがあると調査が行いやすいです。

雨漏り調査の内容を簡単にご紹介します。

 

調査手順

調査前

エントランス天井が一部交換されていました。

真上は2階北側廊下とエントランスの屋根がありました。

雨漏り調査

エントランス天井を赤外線カメラで撮影しました。

赤外線サーモグラフィで散水前は乾いていており、異常な温度変化はありませんでした。

真上の2階北側廊下にひび割れがあり、コーキング処理された痕がありました。

まず、排水口に散水を行いました。

結果、漏水なし。

次に、順番にひび割れ部を散水しました。

排水口から少し離れた部分のひび割れ部を散水したところ、1階の漏水を確認しました。

壁の排水口周辺と少しはなれた部分に滴下したのを確認しました。

ひび割れ部からの漏水は確認しましたが、提示された雨漏り写真の場所とは少し異なる所からの漏水でした。

まだ、別の浸入口がある可能性を感じました。

そこで、エントランス屋根にも散水を行いました。

屋根は北側廊下と壁越しの位置関係でしたので、可能性があります。

屋根の壁際を散水しました。

すると、天井に温度低下した部分が現れ、ここは雨漏り写真のシミと同じ場所でした。

結果、雨漏りは屋根からの浸入していたとわかりました。

北側廊下からも1階壁に漏水しているので、屋根と廊下の2か所から浸入していると判断して報告しました。

 

今回の場合、雨漏り状況写真がないと廊下からの雨漏りと判断してしまいます。

廊下を直しても雨漏りが止まらないということになりますので、雨漏りした時に状況写真や動画を撮影しておくと雨漏り調査・修理の精度が高くなります。

スマホの写真で十分ですので、ご承知おきください。

 

雨漏りに関して、お悩みの方はお気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ
愛知県でお困りの方は、是非、ご相談・ご依頼くださいね!
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事