会社の大先輩が亡くなりました。長い間、ありがとうございました。

Dr.神谷
Dr.神谷
  • みなさま。こんにちは。
    屋根から人の笑顔を作りたい!!!
    神清(かみせい)のDr.神谷です。

    今日、会社の大・大先輩が亡くなりました。
    ちょっと、屋根からはずれますが・・

会社の大・大先輩が亡くなりました。

今日、会社の大・大先輩が亡くなりました。

地場産業の小さな会社なので、大先輩は、私を子供の頃から遊んでくれました。

中学校を卒業して、そのまま、弊社に努めていただきました。

定年を過ぎても、延長していただきました。

55年程度、頑張っていただいたと思います。

その後も、近くに住んでいるので、道でよくすれ違いました。

いつも、「ハイハイッ」と言って、元気で自転車に乗って、手を振ってくれました。

そんな、いつもでも元気な大・大先輩が82歳で、亡くなりました。

 

私が中学生の頃、夏休みに、工場へ遊びに行くと、

いつも声をかけてくれました。

瓦は色を出すために、釉薬を塗ります。

特殊な瓦は、いまだに、人が1枚1枚、手で瓦に塗ります。

大先輩は、その色塗りの達人でした。

複雑な形状の瓦も、数秒で、きれいに塗っていました。

仕事は素早く、きれいで、釉薬を塗る職人の中の達人でした。

中学生のとき、お手伝いという感覚で、瓦を塗らせてもらいました。

力もなく、不器用だったこともあり、1枚塗るのに、1分くらいかかっていたと思います。

そんなに、ダメ出しすることもなく、面倒を見てくれていました。

 

私が会社に入ってからも、いろいろ教えてくれました。

大先輩からよく言われたのが、

「人は必ずいい所がある。

欠点を見るのではなく、いい所を見てあげなさい。」

という、言葉です。

 

昔の私は、この言葉をしっかり受け止めずにいました。

 

最近、やっと、大切なことだと感じるようになってきました。

これは、人のためではなく、自分のためなんだと。

世の中を良くも悪くもするのは、自分なんだと。

 

長い間、ありがとうございました。

天国で、元気にみんなを明るくしてください!

「ハイハイッ!」

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 3 人中 3 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。