屋根(野地合板)の不具合事例

お問い合わせはこちら

屋根(野地板)の不具合事例をご紹介いたします。(≡^∇^≡)

 

一般的に、屋根の上には、家主や工務店さんも上がりません。雨漏りがなければ、不具合はわかりません。また、プロの屋根工事店さんも、屋根替え時は、急な降雨による雨漏りが心配になります。そのため、屋根材を剥がしても、防水紙(ルーフィング)までは全部剥がしません。野地板などの劣化・不具合が発生していますが、表に出てきません。(T_T)

 

そこで、屋根(野地板)を調査したときに発見した劣化・不具合事例を簡単にご紹介いたします。

 

屋根断熱

 

 

 

↑屋根材:化粧スレート 防水紙:アスファルトルーフィング 築7年

屋根材が1枚落下した。確認のため、屋根材・ルーフィングを剥がしたら、野地合板が腐朽劣化していた。劣化して、釘の保持力がなくなり、脱落した事例。

 

 

けらば

 

 

 

↑屋根材:化粧スレート 防水紙:アスファルトルーフィング ケラバ部

化粧スレートの褪色が著しいため、葺き替えの現場。化粧スレートを剥がしてみると、野地合板が雨水浸入により腐朽劣化していた。防水紙を剥がさないと撮影されない事例。

このように、あまり知られていない屋根の実態をお伝えいたします。(#⌒∇⌒#)ゞ

 

 

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。