ステップ昼食支援事業 フリモかわら地域密着部の助っ人参戦してきましたよ !(^^)!

神谷社長
神谷社長
  • 高浜市は人口5万人に手が届きそうなぐらい人口の小さな市です。
    市内には中学校2校、小学校5校があります。その中で市全体の約1割の家庭が
    生活困窮家庭(生活保護、就学援助受給)になります。
    これらの家庭向けに学習支援事業「ステップ」として生活困窮者の小・中・高生向けに
    毎週土曜日に大学生の学習支援者(チャレンジサポーター)の支援で15~20名程度の
    こども達が学習しています。
    その際に昼食の提供支援を色んな方がボランティアでされています。
    別に、こども食堂も土曜日の夜に開催されています。
    また、こども食堂支援基金への寄付のお願いも行われています。

    問い合わせ先:たかはま子ども食堂支援推進協議会(事務局:高橋・木村)
    電話0566-52-9871 メール:fukushi@city-takahama.lg.jp

お問い合わせはこちら

ステップ昼食支援事業

今年二回目のステップ支援事業です。
自分は「港小学区おやじの会」で年に2~3回の
支援事業に参加していますが、今回は助っ人で
参戦しました。
助っ人といっても何もできませんが・・・。

今回はフリモかわら地域密着部の人手が足りないと
SNSで呼びかけが有ったのでお手伝いです。

フリモかわらはタウン誌として高浜市・碧南市の
情報を提供している雑誌です。

そちらの海方さんの呼びかけでしたので
お手伝い参戦です。

海方さんは市民ムービー・タカハマ物語で
ボランティアで賄いでカレーやハンバーグを
提供してくださったり、スピンオフ三部作品では
キャストとして参加してくださいましたので、
是非とも恩返しをしなければと・・・。(^^)/

SNSでの呼びかけに反応が多いですね・・・

SNSの反応は凄いですね。
2人しか居ないとの話しが当日行ってみると
10人も集まって・・・。皆さんのボランティア精神や
海方さんやフリモかわらさんの影響力は凄いと思いました。

今回のメニューはふわとろタマゴのせ
ハヤシライスです

ハヤシライスのルーは市内のかわら美術館内の
フレンチのお店「レストランOmi」さんの大参さんから
国産黒部牛をコトコトと煮込んだハヤシルーのご提供が
有ってメインはハヤシライスでした。

サラダは碧南市の「へきなん美人」と言う名産の
ニンジンサラダとおからのフライ・たこさんウィンナーと
ニンジンメインのカップケーキでした。

自分はハヤシライスのルーに加える
玉ねぎを切ったりタマゴを割って混ぜたり
たこさんウィンナーを切ったりと出来ることを
コツコツとでした。

少しでも子ども達の為になればと
今後も出来るだけ協力していきたいと思います。!(^^)!

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 3 人中 3 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。