同級生の伊藤公洋先生の令和最初の「丹鏡窯展」を観てきましたよ (^o^)/

同級生の作品を観てきました

名鉄三河線吉浜駅東にあるまんきゅう本店の
二階に画廊アートフロアがあり、
そこで同級生の伊藤公洋君の作品展を観てきました。

伊藤君は高浜市稗田町でだいだい続く
丹鏡窯の5代目の窯元として志野焼を
中心に陶芸家として活躍しています。

東京日本橋の三越本店でも個展を開いたり
色んな展覧会に出品して賞をとられている
同級生の中でも凄い先生になりました。

親子での作品展示です

丹鏡窯展は親子での展示会でもあります。
お父様の伊藤月香さんと公洋さんでの作品の展示です。
自分は息子や娘と一緒に何かをすることはあり得ないので、
伊藤家親子は陶芸家として凄いなーと感心してしまいます。

公洋君は志野焼で作品を作っています。
豊田市猿投に窯を持っていて年に数度
薪で火をくべて三日三晩不眠不休で窯を焚いて
情熱のこもった作品を作っています。

通常のガス窯での作品と違って
薪で焚いた作品は出来上がってこないと
どんな作品が出来上がるか?わからいので、
一瞬も気が抜けないと言っていました。

そんな作品を年に数度拝見できるので
楽しみです。

ひときわ目を引いたのは・・・

ひときわ目を引いた作品は
大きな壺でした。
これはお父さんの月香さんの作品で
名古屋の高級料亭の傘入れとのことで
写真では良さが伝わらないとおもいますが、
素敵な作品でした。

幼稚園児がすっぽりと入れるくらいの大きさで
凄いですよ。

9月18日(水)~30(月)まで
高浜市屋敷町 画廊アートフロアで
開催されています。(24日はお休み)

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。