高浜南部まちづくり協議会の理事会で今後の活動方針の説明がありました

お問い合わせはこちら

南部まち協の7月理事会でした

NPO法人高浜南部まちづくり協議会の
7月度の理事会でした。
コロナ禍までは南部ふれあいプラザで開催していましたが、
三密を避けるために6月から南部第2ふれあいプラザで
開催になりました。

第2ふれあいプラザは網戸が付いていませんでしたが、
今回のコロナ禍で網戸も設置して換気対策もし
まち協の理事会はもちろん他の行事や利用者さんが
安心して使用してもらえるようになりました。

そんな中での理事会ですが、
まち協の事業もほぼほぼ中止ですので、
今回は時間があるので、南部まちづくり協議会の
今までの活動の流れと振り返り、
今後の活動の方針についての説明がありました。

南部まち協の設立から残っている理事・会員は
自分を入れて三名になってしまいました。

南部まち協の活動報告・・・

 

理事の神谷義國さんが説明をされました。
設立当初から考えると理事の80%は交代したり
所属団体での役員の交代などで入れ替わっているので、
目的や意義がわからない方やまち協が設立された
国や地方の流れ「地方分権(地方主権)」なんて
時代背景を知らない方がいるので、その辺りから
詳しく説明をされました。

そして、最後に今後の進め方として
5つを発表されました。

・コミュニティービジネスの継続による自主事業財源の安定化
・高浜川、だるま窯、秋葉社、など地域文化を活かした行事を安定させる
・チャレンジドの自立支援のために仕事の創出を進める
・生涯現役活動を継続すると共に、増える高齢者パワーの地域活用を進める
・子どもの貧困対策に向けた地域活動を継続する(子ども食堂の充実)

まだ少し話し合う必要があるとは
思いますが、方向性が提示されました。

そのほかに・・・

そのほかには、前港小・南中の校長先生だった
島田 強先生が市の「アウトリーチ支援員」として
ひきこもりや社会的孤立に苦しむ人への
社会参加や就労サポートをされる報告・説明がありました。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。