お祝い花火を市内のおやじの会で連携して打上げましたよ こども達に届け「元気 本気 勇気」 (^o^)/ その1

お問い合わせはこちら

進級・進学お祝い花火です

新型コロナウイルス感染症対策で港小の児童はもとより
市内の小中学生は予定していた、運動会や遠足・修学旅行・
緑の学校・体育祭・文化祭・学芸会・音楽会などが
規模の縮小や行先・行程が変更になり想いでつくりも
できずに一年が終わろうとしています。

港小学区おやじの会でも毎年夏に開催している
「地域交流会・盆踊り大会」「そば打ち体験道場」
「もちつき&トン汁大会」「パン作り体験」などの
児童と保護者また、地域の皆さんでふれあう事業が
全て中止となりました。

そこで、おやじの会・港小PTA・港キッズクラブの
発案で「花火」で子ども達に元気を届けたい・
想いでにしてもらいたい・・・。と考えて企画を
はじめました。

ご存知のように打上げ花火は花火の大きさによって
保安距離を保つ必要があります。
2号玉で半径50m。港小学区内でその距離を確保
できるのは「港小運動場」「旧職業訓練校」「碧海グラウンド」
でした。

定例会の中では、場所の確保・近隣住民への影響・
費用の問題・時期が問題になるな・・・。と一旦は
あきらめかけましたが、花火屋さんと相談して
なんとかなりそうになりましたので、改めて賛否を
取って「シークレット企画」として議論をはじめました。

他のおやじの会との連携を模索しました

高浜市内には3つのおやじの会があります。
今年で設立20周年を迎えた我々の「港小学区おやじの会」、
来年20周年を迎える「飛翔の会(つばさのかい)」、
そして設立して5年目の「鷹取の会」です。

自分の独断で飛翔の会・山本君に港小・おやじの会の
シークレット企画の話しをして同日・同時開催を提案しました。
即答はもちろんできないので、飛翔の会で検討するとの
ことでした。

飛翔の会・山本君から今度は鷹取の会・早川君に話しが飛び
鷹取の会はもろ手を挙げて賛同されたそうです。
飛翔の会も役員会でOKが出たので、市内のおやじの会が
初めて連携して事業を行う事になりました。

令和2年11月からおやじの会で検討を始めて、
令和3年1月26日に三団体と花火屋さんの加藤煙火さんで
初の打合せを行いました。

花火の趣旨を固めました・・・・

花火屋さんの加藤煙火さんと我々三団体が初の打合せ・
顔合わせです。
最初にこの花火の趣旨を固めました。

シークレット企画ではダメなので、
コロナ禍で頑張っているこども達に「元気」を
届ける。そして、進級進学をお祝いする
「お祝い花火の会」となりました。

また同時に、地域の皆さんにもコロナ疲れでなく
元気になっていただきたいとの思いを確認しましたよ。

つづく・・・。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。