屋根の各部位の名称と構造を紹介!修理が必要な3つの事例も紹介!

Dr.神谷
Dr.神谷
  • みなさま。こんにちは。
    屋根から人の笑顔を作りたい!!!神清(かみせい)のDr.神谷です。

    弊社は、高浜市・半田市にある創業150年老舗三州瓦の生産・販売・工事を行っている会社です。
    年間200棟以上の屋根・雨漏り調査・修理を行っています。
    建築業界誌「日経ホームビルダー/日経アーキテクチュア」の連載記事「新次元!雨漏り対策」を執筆しています。

本記事はこんな人にお勧めします。

屋根の各部位の名称や構造を知りたい

屋根の内部の状況や構造について知りたい

屋根の構造で修理が必要な場合が知りたい

この記事で伝えたいこと

この記事は「屋根の各部位の名称や構造を知りたい」「屋根の内部の状況や構造について知りたい」という方に向けて解説しています。

雨漏りや屋根修理の話を専門業者さんとしていると、屋根の部位がわかりにくかったり、専門用語が多く難しいと感じたりしたことはありませんか?
屋根の各部位の名称や屋根の内部構造を理解していると、屋根修理など様々な場面で役立ちます。

そこで本記事では、屋根の各部位の名称と構造を紹介した上で、屋根の構造に関わる修理が必要な事例についても紹介します。わかりやすく解説していきますので、ぜひ参考にしてくださいね。

お問い合わせはこちら

屋根の部位の名称を知っておこう!

屋根のパーツの名称をご紹介します。

上から紹介します。

棟部(むねぶ):屋根の頂点部分

棟瓦:棟部に葺(ふ)かれている一番上の瓦

漆喰(しっくい):棟部と桟瓦(さんがわら)の隙間を埋める真っ白の防水材

棟瓦について、こちらの記事で詳しく解説しています。

瓦屋根の代表的な棟瓦の形状と寸法をまとめてみました!

平部(ひらぶ):屋根の真ん中でもっとも面積の広い部分

桟瓦:平部に葺かれている瓦(屋根の中でもっとも多く使う瓦)

軒部(のきぶ):屋根の先端(水下側)の部分

軒瓦:軒先(一番水下)に葺かれている瓦

雨樋(あまどい):軒瓦から流れる雨を受ける水平方向のとい。

けらば部:屋根の端の部分

けらば瓦:屋根の一番端の瓦

破風板(はふいた):けらばの下に位置して、屋根の端をふさいでいる板

鼻隠し(はなかくし):屋根の軒先に付けられている屋根の先端をふさいでいる板

軒天(のきてん):軒先、けらばの下面の天井部分

屋根・建築用語は聞きなれない言葉が多いので、業者と話す前には勉強しておきましょう。

 

屋根構造の基本!3つの部材を知っておこう!

屋根の構造には、主要な3つの部材があります。

  1. 垂木(たるき)
  2. 野地板(のじいた)
  3. ルーフィング(防水紙)

次の章から、それぞれについて詳しく解説していきます。

 

【屋根構造の基本】①垂木(たるき)

垂木は野地板を支える役目となっていて、屋根に傾斜をつける木材です。

屋根の一番高い場所である棟から下(軒)に向かって長い木材が使用されて、横方向には約45㎝間隔で取り付けられています。

 

【屋根構造の基本】②野地板(のじいた)

野地板は垂木の上に設置される板状の部材です。

屋根の下地となる材料で、その上に屋根材が葺かれます。

木造住宅では、主に9mmまたは12mmの厚さの構造用合板が使用されます。

昔は、製材を並べた野地板も多くありました。

 

【屋根構造の基本】③ルーフィング(防水紙)

ルーフィングは、野地板の下に雨漏りしないように敷く防水紙のことです。

ルーフィングは、屋根材の下に使用され、二次防水として重要な役割があります。

ルーフィングの施工品質が屋根全体の防水性能に直結するため、屋根材と同様にとても重要な部材です。

 

屋根構造の修理が必要な3つの事例を紹介!

屋根構造の修理が必要な代表的な3つの事例をご紹介します。

  1. 屋根が波打っている
  2. 軒が下がっている
  3. 複数箇所から雨漏りしている

次の章からそれぞれについて、詳しく解説していきますね。

【屋根構造の修理が必要な事例】①屋根が波打っている

長い間、屋根をメンテナンスしないと屋根が波打つほど劣化します。

野地板や垂木が水分を含んで腐ってくると、屋根が波打ってきてしまいます。

この状態になると、瓦の雨漏りの修理を行っても、次から次へと新たに雨漏りが始まってしまうため、垂木・野地板から腐っている部分を交換する必要があります。

 

【屋根構造の修理が必要な事例】②軒が下がっている

垂木に水分が含まれると腐れが始まり、垂木の強度が弱まります。

垂木の強度が弱まると屋根材や積雪などの重みで軒が下がってしまいます。

このようになると、屋根材・野地板をめくって、垂木から交換する修理が必要があります。

【屋根構造の修理が必要な事例】③複数箇所から雨漏りしている

ルーフィングの経年劣化が進むと、その防水性能が低下してしまいます。

ルーフィングが劣化すると、屋根面全体から雨水が浸入し、あちこちから雨漏りするようになり、野地板の交換・ルーフィングの張り替えが必要となります。

 

【まとめ】屋根の内部構造を知っておくと修理のときに役立ちます

屋根・建築用語は聞きなれない言葉が多いので、業者と話すときは、少し勉強しておいた方がいいです。

屋根の下地構造には、主要な3つの部材があります。

  1. 垂木(たるき)
  2. 野地板(のじいた)
  3. ルーフィング(防水紙)

これらは、屋根材の下に位置して、屋根材を支える重要な役割を担っています。

木材は、水によって腐朽するので、屋根材やルーフィングをメンテナンスすることで、屋根下地を守ることができます。

屋根の内部構造を知っておくと、メンテナンスを検討するときに役立ちます。

屋根に関して、お悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事