暑い夏でも高浜市消防団は訓練をかかさずに行っていますよ (^o^)/

お問い合わせはこちら

高浜市消防団の訓練ですよ

高浜市消防団は第1分団~第4分団まであり
高浜市内を四つの管轄に分けて日々活動されています。
消防団団員は常設の消防署職員とは違い
正業を他に持っていてボランティアで活動されている
市民や在勤されている若者達です。

こんな暑い夏の時期でも、イザの有事に備えて
機関訓練などを行っていますよ。
ただでさえ暑い時期でも防火服(アルメックス)を
着て実戦(火災)想定での放水・機関訓練を
消防署職員さんの指導を受けながら
行っています。

水利(消火栓)に接続して放水します

市内で一般の方に迷惑のかからない場所を選んで
機関訓練(ポンプ車での放水訓練)を行います。
上の写真で背中部分がオレンジ色の服を着た方が
衣浦東部広域連合消防局・高浜消防署の署員さんで
消防団の機関訓練を指導してくださってます。

水利(消火栓)への繋ぎ方やポイント、
消火栓の点検の仕方をはじめ、新入団員も居るので
基礎的なところからの指導です。

筒先(水のでるところ)は圧で
振られます・・・

写真の様に水の出ている物を
筒先と呼んでいます。
ポンプ車が水利(消火栓)から水を
汲み上げホースを通って筒先から水が出ます。

正直、一人で筒先を持っているとカナリの
圧がかかるので筒先が振られたりします。

火災現場では二人一組でなるべく筒先を
持つようにしています。
ズットは持てないので、交代交代で・・・。

暑い夏でも地道な訓練を繰り返して
高浜市の市民の生命財産を守る活動を
消防団の皆さんは頑張っていますよ。

写真提供:神谷団長様

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。