東京でふと出会った光景から、自分への気付きを与えていただきました!

こんにちは~。

屋根・雨漏りの調査員、神谷昭範です。

 

台風が通り過ぎて、久しぶりの青空を目にしました。

 

f:id:capuriclub:20161006221322j:plain

 

雲一つない快晴でした。

 

職業のために、空や屋根、高い所にはよく目が行きます。

気が付くと屋根を見ていることが多いです。

 

そんな私が久しぶりに東京の街中へ行きました。

地下鉄を降りて、待ち合わせのビルに入る前に珈琲店に立ち寄りました。

時間調整のため美味しいコーヒーを頂いてからビルへ向かいました。

 

すると、先程は何もなかった所に、三角コーンで立ち入りできない場所ができていました。

急になんだろう?と不思議に思っていました。

 

ふっと、癖で上を見上げてみると、

 

f:id:capuriclub:20161006222448j:plain

 

頭上にクレーンでゴンドラがつられていました。

ビルの窓清掃のためのゴンドラでした。

清掃作業を行っているので、その下を立ち入り禁止するための三角コーンでした。

しかし、三角コーンだけは不親切と思いました。

仮に何かが落下したら、その下にいる人は命に関わります。

私はすぐにその場を避けました。

頭上注意とか、ビル窓清掃中とか注意喚起があるとありがたいですね~。

 

そんなことを思いながら、自分の仕事にも当てはめてみました。

屋根点検などを行う場合には、はしごを使って屋根に上がります。

しかし、私も何も注意喚起を掲示していません。

工事を行っているわけでは、長時間屋根にいるわけでもないですが、通行人の方には不親切だったな~と反省する気持ちになりました。

早速、戻ったら何か準備したいと思いま~す。

 

ところで、窓清掃は凄いですね~!

自分も高い屋根には登りますが、そんな比ではなく高い所での作業ですね。

 

f:id:capuriclub:20161006223757j:plain

 

風で揺れるゴンドラから両手を出して窓を拭くのは見ているだけで、ビビッてしまいます。

特殊な能力が必要な仕事ですね~。

それにしても、鏡のようにガラス窓に作業者やゴンドラが写っているのに、さらに窓を清掃する必要があるのですかね?

定期メンテナンスなんでしょうけど。

 

そんな取り留めもない思いが廻った三角コーンでした。 \(^o^)/

 

 

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。