なかなか止まらない雨漏り 公共施設も雨漏り調査が有効です!【愛知県高浜市】

Dr.神谷
Dr.神谷
  • みなさま。こんにちは。
    屋根から人の笑顔を作りたい!!!
    神清(かみせい)のDr.神谷です。

    公共施設の雨漏りは、なかなか直らない場合があります!
    いろいろ直す前に、雨漏り調査した方が効率的です!
    簡単にご紹介します!

調査の概要

公共施設(RC造) 屋上からの雨漏り

調査:1日間

築年数:約20年

公共施設のなかなか直らない雨漏り

公共施設の中には、なかなか直らない雨漏りがあります。

RC造の屋上では、浸入箇所がいくつも考えられます。

「いろいろ部分補修しても直らない」と相談がありました!

●建物を破壊することなく、雨漏り調査する場合、必ず100%原因がわかるとは言えない。

●しかし、原因がわからない場合でも、大丈夫な場所を示すことができるので、調査が無駄になるような報告はしない。

と説明したところ、雨漏り調査の依頼がありました。

公共施設の雨漏り状況の説明を受け、後日、調査を行いました。

赤外線サーモグラフィ調査・目視調査・散水調査を行い、雨漏りの浸入口を見つけることができました!

公共施設では、補修の痕がいくつもあり、大変、困っていたことが感じられました。

簡単に、なかなか直らない公共施設の雨漏り調査の状況をご紹介します!

 

 

公共施設の状況

目視調査・赤外線サーモグラフィ調査

雨漏りしている箇所の上部・屋上には、屋上表面に補修痕が見られました。

縦どいの色も異なっているので、といも補修したようです。

この壁の上部を確認すると、

上部の屋上防水も、雨漏りの直上だけ、補修された痕がありました。

補修部分がどのような状況か、熱画像を撮影しました。

屋上表面に異常な温度差はありませんでした。

屋上防水は全体的には温度差がありましたが、補修した部分ではある程度均一となっていました。

以上から、以前の補修が施工ミスしているのではなく、別の場所に浸入口があると考えました。

 

雨漏り箇所

屋上したの雨漏り箇所には、点検口が設置されていました。

さらに、雨漏りした水を排水する簡易なホースまで設置されていました。

点検口をのぞいてみると、雨染みがコンクリート表面にしっかりと残っていて、長年の雨漏りであるとわかります。

念のため、熱画像を見てみました。

雨染み部分には、温度変化はなく、乾いていることが確認できました。

 

散水調査の実施

散水調査

雨漏りの浸入口となり得る箇所に対して、順番に散水調査を行いました。

数カ所、散水を行い、3か所の浸入口を確認しました。

散水後の雨漏り箇所

散水中から熱画像でも確認しました。

漏水すると、水滴の流れが温度低下として確認できます。

3か所の浸入口を見つけた後の雨漏り箇所は、いくつかの場所に水滴が確認されました。

今回、発見した浸入口は、以前の補修箇所とは、全く異なる場所でした。

 

一般住宅の場合は、面積が小さいために、全体を補修することがあります。

全体を補修することで、雨漏りが止まることもあります。

しかし、公共施設は面積が大きいので、雨漏りしたからと言って、全体を補修することは、予算的にむずかしいことも。

部分的に補修する場合は、雨漏り調査をしっかり行って補修することが、効果的だと思います。

 

ポイントまとめ
・公共施設の雨漏りはなかなか直らない場合もあります。
・部分補修を繰り返すよりも、雨漏り調査が有効です!

 

屋根に関して、お悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ
愛知県で雨漏りでお困りの方は、是非、ご相談・ご依頼くださいね!
詳しくは、こちらをご覧ください!
↓↓↓
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 2 人中 2 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事