天窓からの雨漏り 天窓を撤去して屋根とする改修工事【愛知県刈谷市】

Dr.神谷
Dr.神谷
  • みなさま。こんにちは。
    屋根から人の笑顔を作りたい!!!神清(かみせい)のDr.神谷です。

    弊社は、高浜市・半田市にある創業150年老舗三州瓦の生産・販売・工事を行っている会社です。
    年間200棟以上の雨漏り調査・修理を行っています。
    建築業界誌「日経ホームビルダー」の連載記事「新次元!雨漏り対策」を執筆しています。

本記事はこんな人にお勧めします。

天窓からの雨漏りを直したい人。

天窓のメンテナンスを考えている人。

天窓の設置を考えている人。

この記事で伝えたいこと

屋根の雨漏りで多いのが天窓からの雨漏りです。

改修方法は3つ。

①天窓と屋根の周辺を直す ②天窓を取り換える ③天窓を撤去して屋根にする

どの改修がいいのかは、予算とお客様の天窓の利用頻度で変わります。

今回は、③天窓を撤去して屋根にする改修工事をご紹介します!

お問い合わせはこちら

工事の概要

2F天窓からの雨漏り⇒ ③天窓を撤去して屋根にする

工期:1日間

築年数:約25年

 

天窓からの雨漏り 天窓を撤去して屋根とする改修工事

「2F天窓の下のクロスがはがれている、雨漏りですか?」とご依頼をいただきました。

伺ってみると、天窓のラインでクロスがはがれていました。

天窓の木枠には、雨漏り痕がありませんでした。

屋根に上がってみると、瓦と天窓との取り合い部に不具合がありました。

「天窓の明るさよりも雨漏りを心配する方が嫌だ。」とのことで、③天窓を撤去して屋根にする修理を行うことになりました。

瓦をめくってみると、予想以上に雨漏りで、屋根下地が腐朽していたので、天窓をふさぐ雨漏り修理は適していたと思います。

 

工事のビフォー・アフター

工事前の雨漏り

2Fの天窓下のクロスにはがれが発生していました。

天窓の木枠からは、雨漏り痕は見られませんでした。

工事前の天窓・屋根

屋根材は、S形瓦となっていました。

天窓の下の鉛のスカートは破れていなかったのですが、瓦と天窓周辺の水切りがうまく施工されておらず、取り合い部からの雨漏りでした。

天窓周辺の瓦をめくります。

天窓周辺の瓦をはがしてみると、天窓の上部・左右には、雨漏りしていない状態でした。

天窓の下の瓦桟木(かわらさんき)は雨漏りで、木が腐朽していました。

天窓横の水切りから瓦の下へ雨が浸入していました。

天窓を撤去します。

天窓の枠と天窓本体を屋根から撤去します。

開口部周辺の野地板を交換します。

天窓の下側は、防水シートの下の野地板も腐朽していました。

さらに、下側の野地板も腐朽していました。

このような状態は、頻繁に雨漏りして、乾燥しないときに発生する現象です。

野地板の裏面も腐朽していました。

たるきの表面も黒ずんでいました。

腐朽したたるきは補強を入れ、天窓の開口部にもたるきを設置しました。

腐朽した野地板を交換して、天窓の開口部も野地板でふさぎました。

屋根の下地を設置します。

野地板の上には、防水シートを設置します。

強風雨時に、瓦から浸入した雨水が流れるように、順番に防水シートを設置します。

防水シートの上に、縦残と瓦桟木を設置します。

瓦を瓦桟木に留め付け復旧して、完成です。

工事後

古い瓦を戻しながら、天窓部分は新しい瓦を設置しました。

瓦の色は若干ちがいますが、屋根としては、まったく違和感はありません。

瓦は補修する場合に、互換性があるため、部分補修が可能です。

このように天窓を撤去して屋根にすることで、雨漏りの心配はなくなります。

 

因みに、室内側は合板が見える状態です。

気になる場合は、室内側をクロス貼りすることもできますが、多くの方は、そのままでも気にされません。

③天窓を撤去して屋根にする場合、雨漏りする心配はなくなります。

 

天窓の明かるさを維持したい場合は、新しい天窓に取り換え、しっかり施工すれば、雨漏りしないようになります。

こちらを選ばれる方も多いです。

天窓の雨漏りでお悩みの方は、参考にしていただけると思います。

 

屋根に関して、お悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ
愛知県でお困りの方は、是非、ご相談・ご依頼くださいね!
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 4 人中 4 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事