「DID地区」とは?  屋根の用語・Q&A 

Dr.神谷
Dr.神谷
  • みなさま。こんにちは。
    屋根から人の笑顔を作りたい!!!神清(かみせい)のDr.神谷です。

    弊社は、半田市にある創業150年老舗三州瓦の生産・販売・工事を行っている会社です。
    年間200棟以上の雨漏り調査・修理を行っています。
    建築業界誌「日経ホームビルダー/日経アーキテクチュア」の連載記事「新次元!雨漏り対策」を執筆しています。

本記事はこんな人にお勧めします。

屋根について調べている人。

補助金について調べている人。

この記事で伝えたいこと

強風対策として行う屋根の耐風工事等への補助制度が予定されています。

その条件となるDID地区とは?

お問い合わせはこちら

DID地区とは?

DID(ディ・アイ・ディ)地区という言葉を聞いたことがある方は少ないと思います。

DID地区とは、人口集中地区のことで、日本の国勢調査において設定される統計上の地区です。

愛知県では、このような分布となります。

赤色で塗られている部分がDID地区です。

市区町村の区域内で、人口密度が4,000人/k㎡以上の基本単位区が互いに隣接して人口が5,000人以上となる地区に設定されています。

ドローンを操縦される方は、DID地区内でドローンを飛ばすときには、国土交通大臣の許可が必要なので、なんとなく馴染みがあると思います。

 

住所からDID地区かどうか調べたいときは?

住所からDID地区かどうか調べたいときは、こちらから調べてください。

地理院地図(電子国土Web)

地理院地図の上の検索部分に、調べたい住所を入れてください。

その住所位置に旗が立ちます。

その部分が赤色に入っていれば、DID地区であり、白地であれば、DID地区ではありません。

 

住宅・建築物安全ストック形成事業(令和3年度~)

専門家に瓦屋根の耐風性能の診断をしてもらったり、脱落のおそれのある瓦屋根の改修工事をしてもらったりするときに、最大で約55万円の補助金がもらえる場合があります。

詳しくは、日本建築防災協会のポータルサイト・啓発チラシをご覧ください。

令和元年房総半島台風を踏まえた建築物の強風対策

 

図解 屋根に関するQ&Aでは、よく聞かれる屋根の質問にお答えしています。

【屋根用語・Q&A集】屋根の用語・疑問を図解でやさしくお答えしています!

 

屋根のご相談等がありましたら、ご連絡くださいね。

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 2 人中 2 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事