外壁塗装したのに直らないサッシ・ドアまわりからの雨漏り 原因調査して応急処置 【愛知県豊橋市】

Dr.神谷
Dr.神谷
  • みなさま。こんにちは。
    屋根から人の笑顔を作りたい!!!神清(かみせい)のDr.神谷です。

    弊社は、高浜市・半田市にある創業150年老舗三州瓦の生産・販売・工事を行っている会社です。
    年間200棟以上の雨漏り調査・修理を行っています。
    建築業界誌「日経アーキテクチュア」の連載記事「新次元!雨漏り対策」を執筆しています。

本記事はこんな人にお勧めします。

サッシまわりから雨漏りしている人。

ドアまわりからで雨漏りしている人。

外壁塗装したのに雨漏りが止まらない人。

この記事で伝えたいこと

「サッシ・ドアまわりから雨漏りしている。直してほしい。」とご相談いただきました。

伺ってみると3階のバルコニーに面したサッシ・ドアまわりから雨漏りがひどい状態でした。

雨漏りを直すため、2年前に外壁塗装をしたのに直らない雨漏りでした。

簡単にご紹介します。

お問い合わせはこちら

工事の概要

外壁塗装したのにサッシ・ドアまわりからの雨漏り  応急処置だけ実施

工期:1日間

築年数:約20年

外壁塗装したのに直らないサッシ・ドアまわりからの雨漏り

「サッシ・ドアまわりから雨漏りしている。直してほしい。」とご相談いただきました。

伺ってみると3階のバルコニーに面したサッシ・ドアまわりから雨漏りがひどい状態でした。

雨漏りを直すため、2年前に外壁塗装をしたのに直らない雨漏りでした。

雨漏りを止めるために、サッシ・ドアも入れ替え、外壁塗装もしたのに、結果、雨漏りが止まらないと厄介な雨漏りでした。

雨漏りが止まらないので、内壁の仕上げ材も設置していない状態でした。

外壁や窓まわりのシーリングもきれいな状態なので、雨漏り調査も難航しました。

原因を探るため、色々な部分を散水してなんとか原因を特定しました。

とりあえず、アルミテープの応急処置を実施しました。

簡単に、応急処置工事の様子をご紹介します!

 

雨漏りの状況

雨漏り箇所

3階のバルコニーに面したサッシ・ドアのまわりからの雨漏りでした。

サッシ・ドアを入れ替えしていて、バルコニーからの立上り部分をセメントで打ち継ぎしており、そこからシミが発生していました。

通常のサッシ・ドアまわりからの雨漏りと症状が異なるため、原因特定を複雑にした要因です。

外観は塗装して間もないので、きれいな状態でした。

通常であれば、雨漏りする状態には見えず、少しでも可能性があるところを順番に散水しました。

雨漏り調査

散水調査

サッシまわりのあやしい所を順番に散水しました。

かなりの箇所を散水したので、主だった場所だけ紹介します。

●サッシ下部

●サッシ上部

ひさしがあるので、あり得ないですが確認のために散水しました。

●笠木

●パラペットの内側

●ALC外壁目地と笠木の取り合い部

雨漏り原因

これ以上はないと思うところまで散水して可能性を消すと、オカルト的ですがときどきひらめくものです。

普通の外壁塗装・シーリングを行っていれば浸入しない程度のヘアークラックがあったので、散水しました。

すると、距離があるのになぜか、サッシまわりから漏水がありました。

ALCコーナー部分から室内側に浸入して、サッシ・ドアのそれぞれへ伝い、お客様が気付いたときには、サッシ・ドアまわりからの雨漏りとなっていたようです。

雨漏り原因は塗装業者の手抜きでした。

ALC外壁のコーナー部分のシーリングをしっかり行わず外壁塗装したためだと思われます。

サッシ・ドアまわりの雨漏りは、サッシ・ドアに問題がある場合は少ないです。

サッシ・ドアまわりからの雨漏りは外壁・屋根などの要因も重なり複雑になります。

しっかりと雨漏り調査してから修理することをオススメします。

応急処置工事

とりあえずの応急処置として、アルミテープでヘアークラックをふさぎました。

雨漏り修理を伴った外壁塗装は、安さだけでは直らない可能性が高いので、ご注意ください。

塗装は美観であり、雨漏り修理はシーリングが重要です。

手抜きをしていると思わないので、雨漏りの原因を見つけることが困難となってしまいます。

雨漏りしている場合は、まずは、雨漏り修理をメインに考え、併せて、塗装することをオススメします。

 

屋根・雨漏りに関して、お悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 2 人中 2 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事