(名古屋)雨漏り調査・修理の事例紹介 12 ALCタイル張り 

お問い合わせはこちら

雨漏り調査・修理の事例紹介 ALCタイル張り

雨漏り調査の事例として、ALCタイル張りで発生した不具合をご紹介いたします。  (名古屋にて)

築10年内のALC造・3階建物でした。

 

ALC3

 

1階基礎上から室内側へ漏水が発生しました。

 

ALC5

 

外側はALCの表面にタイル張りとなっていました。

基礎上はタイル張りとの境はしっかりシーリング処理されていました。

 

築20年内の同じくALC造・3階建物です。

ALC2

外表面はタイル張りとなっていましたが、多くの箇所でタイルの割れがありました。

下屋上の壁部ですが、タイル張りの下端はしっかりシーリングされていました。

ALC6

下屋の天井に雨漏りの染みが発生していました。

築20年内の同じくALC造・3階建物です。

ALC1

1階室内床に雨漏りが発生した外の基礎上です。シーリングがしっかりしてありました。

シーリング再打ちのメンテナンスを行った後から雨漏りが発生するようになったそうです。

 

マニュアル上、基礎上の部分はシーリングとなっています。

 

しかし、経年によって、どうしてもタイル張りの部分にクラックや窓廻りでのシーリングの亀裂・隙間などが発生します。

この場合、雨水はタイルとALCの間に浸入することが想定できます。

入った雨水は基礎上から外へ排出できるような納まりが必要と考えています。

(#⌒∇⌒#)ゞ

 

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。