屋根断熱での通気に関する注意点です!結露による木部の腐朽劣化に注意してください!

Dr.神谷
Dr.神谷
  • みなさま。こんにちは。
    屋根から人の笑顔を作りたい!!!神清(かみせい)のDr.神谷です。

    弊社は、高浜市・半田市にある創業150年老舗三州瓦の生産・販売・工事を行っている会社です。
    年間200棟以上の雨漏り調査・修理を行っています。
    建築業界誌「日経ホームビルダー」の連載記事「新次元!雨漏り対策」を執筆しています。

本記事はこんな人にお勧めします。

新築の断熱を屋根断熱にする計画の人。

屋根断熱の住宅で、結露が気になっている人。

ロフトの部分に、染みなどが発生している人。

この記事で伝えたいこと

最近、屋根断熱を取り入れた住宅が多くなっています。

天井断熱に比べて、劣化リスクが高いので、ご注意ください。

屋根断熱は結露対策が必須となっています!

お問い合わせはこちら

こんにちは~。

近年、屋根断熱の住宅が増えています。

屋根断熱とは最上階の部屋に水平の天井がなく、屋根なりに傾斜した天井に断熱している仕様のことです。

2階、3階の小屋裏空間を室内・ロフトとして使用できるため増えています。

 

屋根断熱1

 

上図は屋根断熱の断面図です。

<pcolor=”#ff0000″ >屋根断熱では、雨水浸入、結露の不具合が短期間で木部の腐朽劣化に繋がりますので、設計・施工の注意が必要です。

 

一般的な仕様書には次のように記載されています。

①小屋裏がないため、小屋裏換気は必要ありません。

②断熱材上に通気経路が必要です。

③棟から排気してください。

 

しかし、断面図のため、詳細な注意事項がわかりにくくなっています。

 

屋根断熱2

 

さらに、次の注意が必要です。

④断熱材上の通気は屋根全面で行ってください。

⑤各垂木間の通気を換気棟に連通させてください。

⑥換気棟から排気してください。

 

また、寄棟についてはさらに、以下を注意してください。

屋根断熱3

⑦寄棟(外断熱)の場合、垂木を切欠き、上図の矢印のように換気棟(アンダーコンポ)へ連結させてください。

屋根では、壁際部、隅棟部や谷部等などがあり、切妻のような単純な屋根形状ばかりではありません。
そのため、仮に、隅角部などで通気が阻害されても腐朽劣化しない工夫が必要です。

そこで、最後の注意点です。

屋根断熱4

 

⑧<pcolor=”#ff0000″>透湿ルーフィング

を使用して、湿気(室内からの水蒸気)を野地板・透湿ルーフィングを通して瓦下空間から外気へ放湿してください。

 

屋根断熱5

(ドイツの屋根断熱仕様)

以上が、屋根断熱における屋根通気の注意点です。

大切な住宅を守る屋根ですので、安全・安心側の仕様としたいものですね。 (#⌒∇⌒#)ゞ

 

 

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 8 人中 8 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。