屋根雨漏り調査・・・実は結露でした。?

お問い合わせはこちら

根雨漏り調査を行ったときに、ときどきある事例です。

 

築10年未満の木造住宅でした。雨漏り調査のために、小屋裏に入りました。

 

うす暗い小屋裏で、雨漏りの形跡を調べていました。

何か視線を感じたので、振り返ってみると、大変ビックリしました。心臓が飛び出るかと思いました。何とそこに・・・・宇宙人?

結露?

 

小屋裏の主がこちらをじっと見張っていました。今までも、小屋裏に小動物がいる形跡は見たことはありましたが、直接ご対面は初めてでした。

結露?

 

小屋裏の天井裏には、糞や虫の死骸などが散乱していました。

 

 

さて、本題の雨漏りについてです。

結露?

 

小屋裏を調査したところ、水滴が滴下した痕はありました。

しかし、雨漏りに繋がるような大量なものではありませんでした。

結露?

 

その上を確認すると釘が酷く錆びていました。

この釘から水滴が落下していました。

 

その他の釘も錆びていて、釘廻りの木材は黒っぽい染みができていました。

 

これらの釘の錆びは結露によるものです。

木部の腐朽・劣化は発生していませんでしたが、釘の腐食が進行していますので、冬季、長い時間、釘部で結露が発生していると思われます。

 

結局、この物件では、壁からの漏水でした。

 

<pcolor=”#ff0000″ >この小屋裏での結露は、天井に断熱材は施工されていましたので、換気不足によるものでした。

 

天井裏で、物音がする場合は、小動物が侵入している場合もありますので、専門業者に点検をご依頼ください。 (#⌒∇⌒#)ゞ

 

 

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。