高浜市水防団の訓練と消防団の機械訓練が開催されました

高浜市水防団訓練が開催されました

津ゆ台風シーズを迎える前に
高浜市水防団の水防訓練が行われました。
当日は晴天で実際に水防団が出動する場合は
土砂降りの雨や風でカッパを着用しての時が
多いのですが、今回は上天気での訓練になったようです。

水防訓練は高浜市だけでなく、
県下でも矢作川の上流にあたる
豊田市でも愛知県としての訓練が
開催されていて、連携をはかっていました。

豊田市の本部と高浜市の本部で
連絡を取り合いながら連携した訓練を
行っていました。

土嚢つめ訓練・・・・

市の職員も一緒に土嚢積めの訓練を始めに
行います。この土嚢は今シーズンの台風や水害に
備えるために積める訓練と同時に倉庫に保管され
イザの時に使用されます。

これが結構辛いんですよ・・・。(+o+)

樋門の閉鎖訓練も行います

高浜市長の指示によって樋門の
閉鎖訓練も行われました。
消防団員が市内にある樋門の閉鎖をするために
各分団で手分けをして閉鎖訓練を行います。

この訓練をきちんとしておかなければ
津波や高潮などの時に海水が住宅地に浸水してしまうので、
緊張感を持って行われます。

最後は機関訓練(放水訓練)です

水防訓練が終わると新人団員もいるので、
機関訓練で放水訓練が行われました。

火災の時に素早く水を出さなければ
なりませんので、誰でもがポンプ車(消防車)を
操作できるように訓練です。

筒先で水圧に堪えることも体験しなければ
なりません。
このように訓練をしっかりとして消防団員は
昼夜高浜市民の生命財産を守っています。

感謝しかありません。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。