床下のしろあり調査を行いました!一部分のみ蟻道を発見!!

床下のしろあり調査を行いました!蟻道、発見!

基礎断熱の基礎表面のモルタルが剥がれているので、床下を調べてほしいと住宅調査の話がありました。

床下5

床下の点検口から床下にもぐりこみました。

はがれのあった奥の方へ進みますと、心配な状況がありました。

床下1

玄関近くの床下土台付近に蟻道を発見しました。

蟻道は隙間を中心に拡がっていました。

床下2

火打ち梁はしろありの食害があり、スカスカになっていました。

ドライバーで打音や触診しましたが、しろありは落ちてきませんでした。

床下3

床下4

土台の一部にも蟻道がありました。

蟻道はありましたが、しろありは発見できませんでした。

他にも蟻道があるのではないかと隅々まで、調べました。

しかし、その他の床下に蟻道は見られませんでした。

数年前に、外側に羽ありが発生して、防蟻処理を行ったそうです。

そのときの蟻害の形跡と思われます。

床下6

その他、床下では和室のたたみ下の合板が白く変色していました。
腐朽を心配しましたが、

触診しました結果、湿気は感じられず、たわみや強度低下はありませんでした。

モルタル表面を補修して、経過観察をすることにしました。

蟻害は住宅の耐震性に影響を与えるため、定期な点検および防蟻処理は必要ですのでご確認ください。   (#⌒∇⌒#)ゞ

 

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。