新築を考えている方へ。「雨漏り」と「雨水浸入」は違う意味です!

「雨漏り」と「雨水浸入」の違いってな~に?

「雨漏り」と「雨水浸入」は同じ意味と思われている人が多いと思います。

しかし、建築的には、大きく違うので、ちょっと知っておくといいかもです。

なぜか?

新築時、「10年間は雨漏りが発生した場合、修補を保証します」と説明を受けたと思います。

しかし、法律的には、「雨漏り」ではなく、「雨水浸入」となっているからです。

「雨水浸入」は「雨漏り」よりも広い意味となっていて、お施主さまには有利に働くからです。

ちなみに、法律的とは、2000年に施行された住宅の品質確保の促進等に関する法律(品確法)のことです。

 

ちょっと、わかりにくいですが、イメージだけ掴んでもらえればOKです!

「雨漏り」とは、何でしょうか?

雨漏り1

雨漏り5

 

上写真のように、室内に水滴が滴下したり、壁のクロスに水染みが発生した場合、不具合として認識され「雨漏り」となります。

 

では、「雨水浸入」とは何でしょうか?

 

雨漏り2

雨漏り4

上の写真のように、住まい手が室内の違和感を感じることなく、壁の裏側や柱、屋根の野地板などに雨水が伝わり、木が腐ったり、金物が錆びたり、カビが発生したりする不具合が発生すると「雨水浸入」となります。

「雨水浸入」の場合、静かに材料劣化が進行しています。

気付いたときには、大事故となっていて、大規模改修ということも多いです。

法律で、「雨水浸入」の責任が構造安全=地震被害と同列に扱われていますが、「雨水浸入」は建物の耐久性に関与し、ひいては耐震性にも影響を与えるからです。

 

新築時、10年間は「雨水浸入」に対して保証されている!

住宅を購入される方は、少なくとも10年間は、「雨漏り」に対する修補だけではなく、「雨水浸入」に対する修補を保証されて購入していることになります。

10年以内に、住宅調査、定期点検が行われるようになっているので、小屋裏点検、床下点検、基礎点検などが行われます。

そのときに、「雨漏り」にはなっていない「雨水浸入」が発見されたときは、工務店さんへ修補を依頼しましょう!

ここで、少しややこしいと思われるのが、腐朽劣化を伴わない水漏れ痕が発見された場合です。

「乾いているから問題ない」、「結露の可能性が高い」などと言われ、保証外の話をされたと聞くこともあります。

10年を超えると瑕疵担保責任からは外れてしまいますので、問題ないか、しっかり調べてもらうことも重要だと思います。

 

新築時の材料・工法選定が重要です!

実は、新築時のデザイン・材料・工法選定が重要なのです。

「雨水浸入」による劣化を防ぐ場合には。

①雨掛かりしないデザイン

②吸水しにくい材料

③通気・換気しやすい工法

などが基本的な対策となります。

結果、屋根・壁とも通気工法にされることをお勧めします!

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ

 

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

Dr.神谷
神清のまとめ役。
学者肌で数々の「産学官」の連携研究事業を行い、業界内でも数少ない技術派です。その知恵で若いスタッフを指導しています。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事