雨漏り補修工事 タイル調の外壁メンテナンス【愛知県海部郡】

Dr.神谷
Dr.神谷
  • みなさま。こんにちは。
    屋根から人の笑顔を作りたい!!!
    神清(かみせい)のDr.神谷です。

    タイル調の外壁の雨漏り補修は厄介です。
    せっかくのタイルデザインを残すのか?雨漏り補修を優先するのか?
    今回は雨漏り補修優先で行った事例をご紹介します!

工事の概要

1F天井の雨漏り 上部バルコニー外壁補修

工期:3日間

築年数:約20年

 

雨漏り補修工事 確実に止めて~!

「1F天井から雨漏りしているけど、直せますか?」とご依頼をいただきました。

「違う業者さんに依頼したら、屋根を直されたのだけど、雨漏りが止まらない。」

とのことで、調査させていただきました。

雨漏りしている場所が、玄関の天井だったこともあり、早く確実に直してほしいとのことでした。

雨漏りしている上は、バルコニーがあり、屋根・外壁・バルコニーのちょうど合わさっている部分で、厄介な場所でした。

散水調査をすると、4か所から漏水が確認できました。

デザインよりも確実に止めたいとのことでしたので、意匠的には若干、変わりましたが、補修のビフォーアフターをご紹介します!

 

工事のビフォー・アフター

工事前の雨漏り

1Fの玄関天井から雨漏りしていました。

雨漏りの漏水量も多いようで、常に、バケツが用意してありました。

バルコニー外壁のビフォー

上部のバルコニー外壁はタイル張りで、クラックが入っていました。

散水試験をすると、4か所からの漏水が確認できました。

工事中

外壁のシーリング、取り合い部のシーリングはしっかり打ち替えしました。

バルコニー外壁のアフター

バルコニー外壁はタイルの上から弾性のある塗料を塗装しました。

下地が動いて、タイルが割れていたので、弾性タイプの塗料を選択しました。

タイル目地がなくなり、意匠的には、ベッタリした感じになってしまいましたが、確実に止めるためにお客様にはご了承いただきました。

補修後の散水確認

補修前に、4か所から漏水していましたが、

同じ箇所を散水しても漏水しませんでした。

ALCなどの下地が割れる外壁は意匠よりも、雨漏りに強い仕様をおススメします!

 

それにしても、散水しましたが、屋根は全く関係ありませんでした。

(屋根を直した業者さんのハートの強さには、驚きました。)

屋根に関して、お悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ
愛知県でお困りの方は、是非、ご相談・ご依頼くださいね!
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 4 人中 4 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

Dr.神谷
神清のまとめ役。
学者肌で数々の「産学官」の連携研究事業を行い、業界内でも数少ない技術派です。その知恵で若いスタッフを指導しています。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事