冬はスカイライトチューブの季節です!太陽の光を取り戻しましょう!

みなさま。こんにちは。

屋根から太陽の光を届け、部屋を明るくしたい!!!

スカイライトチューブ愛知・神清の神谷です。

スカイライトチューブを販売しているとお客様のお困り季節がよくわかります。

冬はスカイライトチューブの季節なんです!

秋から冬にかけて、スカイライトチューブのお問い合わせが多くなります。

冬は太陽の角度が低くなり、部屋が暗くなってしまうからだと思います。

そんな部屋が暗いとお悩みの方へ。

この写真はスカイライトチューブのチューブ内を撮影したものです!

万華鏡のように太陽の光が反射される構造になっています。

太陽光のキラキラって、なんか魅力的ですよね!

このチューブを屋根から部屋へとつなげて、光を届けるのです。

チューブを曲げることもできるのです。

光が欲しいところに、なんとかしてチューブをつなげます。

2階の部屋をチューブが通ります!

2階の屋根から1階の天井へ光を届けることもあります。

そんな時は、2階の部屋を失礼してチューブが通ります。

おススメは押入れやクローゼットを通るルートです。

しかし、建物の間取りによっては、2階の部屋の真ん中を通ることもあります。

こんな場合は、収納を増やすことで、違和感を無くします。

チューブをおおうカバーに本棚などの収納を併せることで、違和感が軽減します。

大切な太陽の光を取り戻すためには、いろいろなアイデアが生まれてくるものです。

近所にできたアパートによって、太陽の光が奪われてしまった方。

一緒に取り戻す方法を考えませんか?

屋根からの採光をお考えの方、是非、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ

 

 

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

Dr.神谷
神清のまとめ役。
学者肌で数々の「産学官」の連携研究事業を行い、業界内でも数少ない技術派です。その知恵で若いスタッフを指導しています。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事