反り(そり)・起り(むくり)ってなに? 屋根の用語・Q&A 

Dr.神谷
Dr.神谷
  • みなさま。こんにちは。
    屋根から人の笑顔を作りたい!!!
    神清(かみせい)のDr.神谷です。

    反り(そり)とは、上方に凹状に湾曲している曲線のことを言います。
    起り(むくり)とは、上方に凸状に湾曲している曲線のことを言います。
    屋根での使い方をご紹介します!

お問い合わせはこちら

反り(そり)・起り(むくり)ってなに?

反り(そり)

反り(そり)とは、上方に凹状に湾曲している曲線のことを言います。

屋根の野地・軒瓦・棟等で、表現されています。

社寺仏閣の屋根で多く見られます。

屋根の破風板が反っていることを反り破風(そりはふ)と言います。

棟も鬼瓦に掛けて、高くなり反っています。

 

起り(むくり)

起り(むくり)とは、上方に凸状に湾曲している曲線のことを言います。

起り屋根(むくりやね)とは、屋根の傾斜面が上方に凸状に湾曲している屋根です。

一般的な起りは屋根の流れ寸法の1/100内外とされ、意匠的な場合には3/100内外とされているものもあります。

起り破風(むくりはふ)とは、破風板が上方に凸状に湾曲している破風のことです。

 

起り屋根は、瓦だけではなく、金属屋根でもよく目にします。

金属屋根では、むくりを超えて、半円の屋根もあります。

縦葺きの1枚ものとなっているので、金属屋根の意匠性の豊かさを示しています。

瓦では3/100程度ですが、金属屋根ではかまぼこのようです。

上の写真の屋根はアルミニウム製の屋根材で、耐久性に優れています。

このようなかまぼこ屋根はメンテナンスがたいへんなので、耐久性の高い仕様を選ぶことが重要です!

 

図解 屋根に関するQ&Aでは、よく聞かれる屋根の質問にお答えしています。

【屋根用語・Q&A集】屋根の用語・疑問を図解でやさしくお答えしています!

 

屋根のご相談等がありましたら、ご連絡くださいね。

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 6 人中 6 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事