築40年土葺き瓦屋根をF形瓦に葺き替えしました! 【愛知県日進市】

Dr.神谷
Dr.神谷
  • みなさま。こんにちは。
    屋根から人の笑顔を作りたい!!!
    神清(かみせい)のDr.神谷です。

    土葺き日本瓦屋根をF形瓦に葺き替えしました!
    工事の概要を簡単にご紹介します!

工事の概要

古い土葺きの日本瓦屋根⇒F形瓦屋根に葺き替え

工期:10日間

築年数:約40年

古い土葺きの日本瓦屋根をF形瓦に葺き替え!

住宅リフォームの一環で、屋根の葺き替えをご依頼いただきました。

屋根上、小屋裏と確認しましたが、雨漏りの形跡はありませんでした。

しかし、今後の人生プランから葺き替えをご希望されてのことでした。

建物は住宅街にあり、車通りも頻繁なことから、瓦・土葺きのめくりを1日で行えるように、クレーン車や職人の人数を手配して行いました。

梅雨時期の葺き替えは雨漏りしないように、養生を入念に行います。

葺き替え前は、青い日本瓦(青緑色/せいろくしょく)も住宅に合っているように感じていましたが、葺き替えをすると当然ですが、新品でいい感じになりました。

お客様は、軽さよりも長持ちする屋根材ということで、F形瓦を選んでいただきました。

瓦は耐久性があり、何十年も使用することができます。

ガイドライン工法(耐震・台風仕様)で葺き替えしましたので、今後、ずーと安心です!

工事の内容を簡単にご紹介します!

 

工事のビフォー・アフター

工事前

青い日本瓦の屋根でした。

40年経過していますが、瓦、小屋裏とも問題はありませんでした。

 

工事中

足場を設置しました。

瓦を1枚ずつめくり、分別回収します。

屋根からはクレーン車を使用して降ろします。

1階の屋根もクレーン車で降ろします。(クレーン車の稼働域は広くて、便利です!)

瓦の下には、葺き土がしっかり入っていました。

葺き土もはがすと昔の下葺き材であるトントンが出てきました。

土を片付けたら、新たに野地合板を設置します。

野地合板の上には、防水シート(高級改質アスファルトルーフィング)を施工し、雨漏りを防ぎます。

ここまで1日で終わりました。

葺き替えは雨漏りが心配なので、めくった部分は必ず、防水シートまで施工します!

後は、通常のF形瓦を施工して、葺き替え完了です。

お客様の好みで、少し釉薬で色ムラを出したデザインのF形瓦屋根となりました。

 

工事後のビフォーアフター

補修前

補修後

補修前

補修後

補修前は和風住宅のイメージでしたが、補修後は洋風住宅のイメージとも言えます。

屋根の補修に併せて、壁の塗装も行ったので、新築の家のようです。

屋根を瓦にすることで、今後のメンテナンス費の心配はありません。

仕様も現在の工法であれば、耐震・耐風対策も万全です!

安心して住むことができますので、予算のある方は、葺き替えをおススメします!

また、流行りの金属屋根に葺き替えた方からは、雨音が気になって眠れないとのご相談を聞きます。

長い時間、家にいる方、夜勤のある方には、屋根材選ぶときの注意点でもあります。

 

屋根に関して、お悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ
愛知県で雨漏りでお困りの方は、是非、ご相談・ご依頼くださいね!
詳しくは、こちらをご覧ください!
↓↓↓
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 2 人中 2 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事