工場の屋根からの雨漏り ドローン調査でピンポイント修理【愛知県高浜市】

Dr.神谷
Dr.神谷
  • みなさま。こんにちは。
    屋根から人の笑顔を作りたい!!!神清(かみせい)のDr.神谷です。

    年間200棟以上の雨漏り調査・修理を行っている中で、特徴的な事例を紹介します。

本記事はこんな人にお勧めします。

屋根に登ることができない建物で雨漏りで困っている人。

高い所を点検したいと思っている人。

この記事で伝えたいこと

工場の屋根から雨漏りしているとご相談がありました。

スレート屋根の下見て、雨漏りは確認できましたが、

屋根の上部がどうなっているか、調査するためには、

足場や高所作業車を使わないと無理な現場でした。

そこで、ドローンを使って屋根上を調査しました。

この記事は、簡単に屋根に上がることができない物件でのドローン活用方法を紹介しています。

お問い合わせはこちら

工事の概要

工場の屋根からの雨漏り 応急処置としてシーリング補修

工期:1日間

築年数:約40年過ぎ

工場の屋根からの雨漏り。雨漏りしている屋根の状態をドローン調査で確認。

工場の屋根からの雨漏りで困っていると修理の依頼がありました。

伺ってみると、屋根の下からは、雨漏りしている場所がわかりました。

しかし、その屋根の上がどうなっているか、見ることができなかったので、

ドローンを使って、調査しました。

結果、スレート屋根が大きく破損している状態ではなかったので、

応急処置として、劣化しているシーリングを補強する修理をしました。

屋根が破損している場合、補修方法が異なるため、

修理する前に、屋根の上を調査することが必要であり、ドローンを使って簡単に調査することができました。

簡単にご紹介します!

 

工場の2階天井の雨漏り

工場の2階天井への雨漏りでした。

屋根裏の木毛板が丸見えだったので、雨漏りしている場所は下から確認できました。

木毛板があるので、上のスレート屋根がどうなっているか、わかりませんでした。

ブルーシートで雨漏り養生がしてありましたが、結構な水が溜まっていました。

早急に処置してほしいとの要望でした。

 

ドローン調査

工場の屋根の上をドローン調査

屋根に上がる手段がなかったので、雨漏りしている場所をドローン調査しました。

雨漏りしている位置から、屋根のどの部分なのか、見当を付けました。

すると、雨漏りしている真上に、シーリング処理している場所がありました。

ドローン調査から、屋根の上のスレートが大きく破損していないことがわかりました。

シーリングの増し打ちで対処できると判断しました。

 

応急処置

屋根の上に上がって、応急処置を実施しました。

スレート自体は割れていなかったので、以前修理したシーリングの劣化部分を処理しました。

建物の立地的に、足場を組んでのスレートのカバー工法は費用がかかるので、

応急処置で、様子を見ることになりました。

ドローン調査が有効に役立った事例をご紹介しました。

 

ポイントまとめ
・工場など屋根に上がりにくい場所で、ドローン調査を実施しました。
・雨漏りの原因がわかったため、応急処置をスムーズに行うことができました。

雨漏りに関して、お悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ
愛知県で雨漏りでお困りの方は、是非、ご相談・ご依頼くださいね!
詳しくは、こちらをご覧ください!
↓↓↓
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事