ベランダのテラス屋根の葺き替え フレームからの取替工事【愛知県名古屋市】

Dr.神谷
Dr.神谷
  • みなさま。こんにちは。
    屋根から人の笑顔を作りたい!!!神清(かみせい)のDr.神谷です。

    弊社は、高浜市・半田市にある創業150年老舗三州瓦の生産・販売・工事を行っている会社です。
    年間200棟以上の雨漏り調査・修理を行っています。
    建築業界誌「日経ホームビルダー」の連載記事「新次元!雨漏り対策」を執筆しています。

本記事はこんな人にお勧めします。

ベランダの屋根が気になっている人。

新規でベランダにテラスの設置を検討している人。

この記事で伝えたいこと

ベランダのテラスは洗濯物を干す上ではとても有効です。

長年、お世話になったテラス屋根は、建物の屋根よりも身近な存在になっているのでは、ないでしょうか?

ベランダのテラス屋根のといの詰まりは掃除はできないと思います。

足場を組んで掃除するなら、新規のテラス屋根も選択肢の1つです。

この記事では、ベランダのテラス屋根の葺き替え工事をご紹介します。

お問い合わせはこちら

工事の概要

築30年以上のベランダのテラス屋根の葺き替え 新規のテラス屋根設置

工期:1日間

築年数:約30年以上

 

ベランダのテラス屋根の葺き替え フレームから新設

築30年以上のベランダのテラス屋根の葺き替えを行いました。

建物本体の屋根よりも普段、洗濯物を干すときに活躍しているベランダのテラス屋根の劣化が気になるとのことでした。

既存のテラス屋根をベランダから解体し、新規のテラス屋根を設置することで、足場代を削減して、設置しました。

ベランダのテラス屋根はといの部分がベランダからはみ出て設置することが多いです。

そのため、長年の土ぼこりが詰まってしまっても掃除することができません。

新規のテラス屋根は落とし口だけは掃除できるようになっているので、定期的に掃除すれば、ある程度詰まりを軽減できます。

フレームから新設したテラス屋根の葺き替え工事をご紹介します。

 

工事手順

工事前

既存のテラス屋根は波板となっていました。

すぐに落下するところまででは、ありませんでしたが補修の必要がありました。

既存テラス屋根の解体

ベランダから波板を外していきます。

といは完全に土ほこりで詰まっていました。

波板を取り除いたら、フレームを撤去します。

外壁に取り付けてあったフレームを取り除きます。

新規のテラス屋根の設置

既存のフレーム位置と同じところに、新しいフレームを設置します。

新しい柱等を組んでいきます。

ポリカの屋根を設置します。

屋根を取り付けて完成です。

工事のビフォー・アフター

工事前

工事後

すっきりしたテラス屋根に代わりました。

とい詰まりが気になる方は、こちらをご覧ください。

カーポート・テラス用落ち葉よけシートをDIYで設置してみた!

 

屋根・雨漏りに関して、お悩みの方はお気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ
愛知県でお困りの方は、是非、ご相談・ご依頼くださいね!
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事